色相を変更できるhuesaturation

RGBベースの色相を変更できるhuesaturationフィルタの使い方。YUVベースはhueフィルタ。タイムライン編集に対応。

色相を動的に変更できる hue
特定の区間だけフィルタを当てるタイムライン編集について

Continue reading “色相を変更できるhuesaturation”

低域を減退させるhighpassと広域を減退させるlowpass

3dBポイントの周波数でフィルタを適用する。フィルターは単極、または両極のいずれかが選択できる。フィルタのロールオフ(減衰傾度)は、1オクターブあたり6dB/極になる。周波数毎に無音にするにはsuperequalizerフィルタなどを使う。

Continue reading “低域を減退させるhighpassと広域を減退させるlowpass”

ピッチを任意の周波数に変更するasetrate

入力した音声のサンプリング周波数より高ければ高音に、低ければ低音に変える。出力周波数は変更した周波数に変わるのでオプションの-arか、aresampleフィルタで目的の周波数に変更する。

ピッチ変更はrubberbandフィルタでもできる。
サンプリング周波数を変えずにテンポとピッチを変える rubberband

Continue reading “ピッチを任意の周波数に変更するasetrate”

色補正フィルタのgrayworld

異なる伝達関数に変換するときに使い、事前に線形変換が必要。ピクセルフォーマットはgbrpf32leになるので負荷はかなり大きい。

論文:https://www.researchgate.net/publication/275213614_A_New_Color_Correction_Method_for_Underwater_Imaging

Continue reading “色補正フィルタのgrayworld”

vlukanのハードウェア支援を受けた汎用フィルタlibplacebo

リサイズ、デバンディング、トーンマッピング、色相調整などができる外部ライブラリのlibplaceboフィルタの使い方。パラメータが多いので一部を抜粋。

Continue reading “vlukanのハードウェア支援を受けた汎用フィルタlibplacebo”

ffmpeg 5.0リリース

2022年4月5日に5.0.1がリリースされた。アップデート内容はフォーマット関係など修正ばかりで新しいフィルタは入ってない。5.1のリリース予定に音声のレイアウトAPI周りが大きく変わっている。

git.videolan.org Git – ffmpeg.git/commitdiff
git.videolan.org Git – ffmpeg.git/shortlog : n5.0.1

2022年1月15日に ffmpeg 5.0 Desitter(ウィレム・ド・ジッターLorentz(ヘンドリック・ローレンツ)がリリースされた。今回のリリースはメジャーアップデートとなり、4.4以降に追加された新機能の中からマスターにしか追加されていなかったフィルタやエンコーダ、デコーダ等の新機能が全て取り込まれた。

気になる新機能はハードウェア支援を受けて多様なフィルタが使えるlibplaceboフィルタ、MacOS向けのVideoToolbox ProResエンコーダ、scaleフィルタ、-sオプションのslice threading対応、フィルタ内でファイル分割するsegmentフィルタなど。リリースノートにない部分ではDolby Vision RPUパース対応と、-readrateオプションで読み込み速度を任意に制限できる。

ffmpeg でダウンロード速度を制限する

前回記事:ffmpeg 4.4 リリース

Continue reading “ffmpeg 5.0リリース”