音声のチャンネルレイアウトを変えるchannelmap

ステレオの左右を入れ替えたり、3つの音声を合わせると2.1チャンネル、3チャンネル(前)、3チャンネル(後)など推定できないときにレイアウトを明示するのに使うchannelmapフィルタの使い方。

左右を入れ替えたり、混ぜたり音量を変えるpanフィルタや、複数ファイルを入力して複数チャンネルにするamergeフィルタがある。

各チャンネルの音声を合わせたり調整する pan
入力した音声ストリーム順にチャンネル配置する amerge

Continue reading “音声のチャンネルレイアウトを変えるchannelmap”

指定したチャンネルの周波数帯の音量を変えるequalizer

指定したチャンネルの周波数帯の音量を変えるequalizerフィルタの使い方。チャンネル毎に設定でき、設定方法も直感的なので使いやすい。

Continue reading “指定したチャンネルの周波数帯の音量を変えるequalizer”

色関係の設定のまとめ

ここ最近、連続投稿していた記事のまとめ。

入力オプションで色の情報を宣言し、出力オプションで出力設定を行う。
色の情報の扱いについて

色の出力設定を行う。上の出力オプションのほうが汎用性が高いが、コーデックコピーして後から色の情報を付与するにはこちらを使う。
ビットストリームフィルタのまとめ

フィルタ内で色の情報を宣言する。
カラーレンジを記述するsetrange
フィールドタイプや色域を記述するsetparams

フィルタ内で色の情報を変換する。明度や彩度が変わる。
色空間変換するcolorspace
色の変換色を変更するcolormatrix

リサイズフィルタで色の情報を変換する。明度や彩度は変わらない。
リサイズする scale
Zライブラリを使ったリサイズフィルタ zscale

目視で映像の情報を調べる。
CIE 色度図を表示する ciescope
ffmpeg でヒストグラムを表示する
映像フィルタを当てる前後のデータを見える化する

エンコード時に色の情報が未指定で後からコーデックコピーして色の情報を付与できる表。

codec 出力オプション ビットストリームフィルタ
H.264
HEVC
VP9
AV1
Prores

ビットストリームフィルタのまとめ

H.264、HEVC、VP9、AV1、Proresのビットストリームフィルタで色関係のまとめ。各コーデックで出力したときにcolor_range、color_primaries、color_trc、color_spaceの情報を書き込む。

まとめ:色関係の設定のまとめ
オプションでの色の設定:色の情報の扱いについて

Continue reading “ビットストリームフィルタのまとめ”

カラーレンジを記述するsetrange

入力した映像のカラーレンジを記述するsetrangeフィルタの使い方。 入力映像は変更しないがフィルタやエンコーダの処理方法に影響を与える。

汎用に出力時の色情報を記述するsetparamsフィルタもある。
フィールドタイプや色域を記述するsetparams

まとめ:色関係の設定のまとめ

Continue reading “カラーレンジを記述するsetrange”

色の情報の扱いについて

いわゆるcolor primaries、color transfer characteristics、color spaceの扱いについて。解像度とフレームレートに関わるPAL、NTSC。解像度に関わるSD、HD、UHD。輝度のダイナミックレンジに関わるSDR、HDRなどの組み合わせで最適なオプションを指定する。これらのオプションはYUVの映像をRGBのモニターに正しく、指定した設定で表示するものである。それぞれの設定の効果については正確なことが言えないのでここでは触れない。

それぞれのわかりやすい説明。
よくわかる、HDR徹底解説! HDRとは | EIZO株式会社

ffmpeg Documentation : Codec Optionsの下の方にある。それぞれ入力、出力オプションになるので入力ファイルの前、入力ファイルの後ろ(出力ファイルの前)に指定する。

まとめ:色関係の設定のまとめ

Continue reading “色の情報の扱いについて”

2020年6月のニコ生統計

2017年1週目から2019年10週目までの取得漏れが判明し、毎週土曜日の放送開始0時から6時までの6時間が入ってなかった。気がついたのが2019年11週目で月間統計は過去のデータを修正したが過去記事は修正してない。

集計期間は週間のニコ生統計の1ヶ月分である。2018年からカテゴリタグの割合は今までと変わらないが、1枠30分の割合が少なくなったので来場者数とコメント数の6000以上を除かないすべての放送を対象にした。それに伴い平均値は除外した。来場者数はTS視聴可能時間が来れば増え、TS来場者数を含まずに計算することは困難な仕様なので、翌日(当日)の朝に前日の6時から当日の6時までを取得している。

2019年8月28日より一般会員でも配信できるようになった。
ユーザー生放送を一般会員の方でもお試しで配信できるようになりました|ニコニコインフォ

Continue reading “2020年6月のニコ生統計”