フレーム内の一部分にフィルタを当てるfeedback

ffmpeg 5.1から使える予定のフィルタ。指定した矩形にフィルタを当てるfeedbackフィルタの使い方。縦x横で分割できる範囲ならuntile、select、interleave、tileフィルタの併用でも同じことができ、ぼかすだけならvarblurフィルタでもできる。座標を指定して周りの色でブレンドするdelogoフィルタもある。

Continue reading “フレーム内の一部分にフィルタを当てるfeedback”

ピクセライズして映像にモザイクをかけるpixelize

ffmpeg 5.1から使える予定のフィルタ。指定ピクセル間を平均してブロック状にモザイクするpixelizeフィルタの使い方。今まではfrei0フィルタのpixeliz0rで使えていた。

ffmpeg で使える frei0r フィルタの使い方

Continue reading “ピクセライズして映像にモザイクをかけるpixelize”

ITU-T P.910を元とした2次元と3次元で映像の品質スコアを調べるsiti

ffmpeg 5.1から使えるフィルタ。SI(Spatial Info:空間情報、フレーム内)とTI(Temporal Info:時間情報、フレーム間)の知覚情報のスコアを調べるsitiフィルタの使い方。SIは複雑なシーンほど数値が高くなる。似たフィルタにentropyフィルタがある。TIはフレーム間の動きの変化が多いほど数値が高くなる。アニメのように動かないと0になる。

映像のエントロピーを調べるentropy
各チャンネルのノイズ係数を調べる bitplanenoise

元の論文:P.910 : Subjective video quality assessment methods for multimedia applications

映像の品質評価に使われるフィルタなど。

Continue reading “ITU-T P.910を元とした2次元と3次元で映像の品質スコアを調べるsiti”

Raspberry Pi 4 Model Bの64bit OSでインタレ解除してHWエンコードする

fieldhintフィルタで手動インターレース解除しH.264のハードウェアエンコードする。手動インターレース解除するとぎりぎり1倍速以上出るので縞フレームの場所が分かればライブ配信にも使える。patternオプションは2022年3月15日に追加されたものなのでffmpegはソースコードからビルドする。

手動でフィールド処理を行う fieldhint

Continue reading “Raspberry Pi 4 Model Bの64bit OSでインタレ解除してHWエンコードする”

色相を変更できるhuesaturation

RGBベースの色相を変更できるhuesaturationフィルタの使い方。YUVベースはhueフィルタ。タイムライン編集に対応。

色相を動的に変更できる hue
特定の区間だけフィルタを当てるタイムライン編集について

Continue reading “色相を変更できるhuesaturation”

低域を減退させるhighpassと広域を減退させるlowpass

3dBポイントの周波数でフィルタを適用する。フィルターは単極、または両極のいずれかが選択できる。フィルタのロールオフ(減衰傾度)は、1オクターブあたり6dB/極になる。周波数毎に無音にするにはsuperequalizerフィルタなどを使う。

Continue reading “低域を減退させるhighpassと広域を減退させるlowpass”