FFmpegの本を頒布した技術書典7を振り返る

告知記事。
技術書典7 でFFmpeg本出ます

サークルページ。
サークル詳細 | ニコラボ | 技術書典

PDF版はBOOTHで販売している。
【PDF】FFmpegの本 – ニコラボの本屋 – BOOTH

無料サンプルも公開した。
【サンプル】FFmpegの本【PDF】 – ニコラボの本屋 – BOOTH

FFmpegの本の誤字・脱字・間違い・要望・感想などのフォーム
https://docs.google.com/forms/d/1GXK9gq4MCS12VfFlP6ItblHx-lufJJm_H4F6NXlmyXU/

遠征組なので途中小机駅でラグビーW杯の観戦者の列を見て親戚の横浜に泊まる。当日は10時少し過ぎた頃に到着。トイレは入場前に行くのが正解。10時過ぎに個室は行列ができていたが小便の方はスムーズに流れていた。会場に入るのに4列に並んで待機し入場。設営は隣を見ながら行ったので滞りなく開場前までに済んだ。

Continue reading “FFmpegの本を頒布した技術書典7を振り返る”

てんかん患者に配慮したシーンチェンジブラー photosensitivity

ffmpeg 4.3 から使える予定のフィルタ。急激な輝度変化で明るくなるシーンチェンジにフレーム平均ブラーを掛けて輝度変化を緩やかにする photosensitivity(いわゆる光過敏性発作対策)フィルタの使い方。

ポケモンショック – Wikipedia

Continue reading “てんかん患者に配慮したシーンチェンジブラー photosensitivity”

映像を上下左右にスクロールする scroll

ffmpeg 4.3 から使える予定のフィルタ。今までは stack フィルタで映像を並べて overlay フィルタで映像を動かしていたのが、scroll フィルタだけでスクロールできるようになった。出力フォーマットは GBRP なので適宜 format フィルタで出力形式に合わせて変換する。

Continue reading “映像を上下左右にスクロールする scroll”

1フレーム内のメディアンフィルタ median

ffmpeg 4.3 から使える予定のフィルタ。映像の指定したピクセル内のピクセル中央値を返すのでマスクしてデノイズするのに使える。マスクは colorkey、chromakey フィルタで作れる。

ffmpeg でクロマキー合成
ffmpeg でクロマキー合成 その2

複数ファイルの中央値を返すのなら xmedia フィルタを使う。

複数ファイルの映像のピクセル中央値を返す xmedian

Continue reading “1フレーム内のメディアンフィルタ median”

2020年1月のニコ生統計

2017年1週目から2019年10週目までの取得漏れが判明し、毎週土曜日の放送開始0時から6時までの6時間が入ってなかった。気がついたのが2019年11週目で月間統計は過去のデータを修正したが過去記事は修正してない。

集計期間は週間のニコ生統計の1ヶ月分である。2018年からカテゴリタグの割合は今までと変わらないが、1枠30分の割合が少なくなったので来場者数とコメント数の6000以上を除かないすべての放送を対象にした。それに伴い平均値は除外した。来場者数はTS視聴可能時間が来れば増え、TS来場者数を含まずに計算することは困難な仕様なので、翌日(当日)の朝に前日の6時から当日の6時までを取得している。

2019年8月28日より一般会員でも配信できるようになった。
ユーザー生放送を一般会員の方でもお試しで配信できるようになりました|ニコニコインフォ

Continue reading “2020年1月のニコ生統計”

レナ (画像データ)をffmpegで使いやすいように加工する

レナ (画像データ) – Wikipedia

レナ(Lenna または Lena)とは、PLAYBOY誌1972年11月号に掲載された女性ヌード写真の一部。画像圧縮アルゴリズムのサンプルに、広く使用されている画像データである。

Continue reading “レナ (画像データ)をffmpegで使いやすいように加工する”

複数ファイルの映像のピクセル中央値を返す xmedian

複数画像や映像の異なるフレームのピクセル中央値を返すことで長時間露光したような動く部分だけが消えて背景だけの映像が作れる。入力するファイル数や参照フレームを多くしたり、解像度やフレームレートが高いとそれだけ負荷も高くなる。

Continue reading “複数ファイルの映像のピクセル中央値を返す xmedian”

映像の特定領域だけ品質を変える addroi

ゲーム配信などでレイアウトを決めるときに映像が全く変わらない部分。例えばRTAのチャートの部分とか、レトロゲームを模したフレームとかそういったところの品質を下げると他の部分で使えるビットレートが増えて全体の品質が向上する。対応コーデックは H.264、H.265、VP8、VP9 など。

Encode/H.264 – FFmpeg
Encode/H.265 – FFmpeg

VP9(libvpx-vp9)のエンコード設定について
新しい映像の品質評価 libvmaf

Continue reading “映像の特定領域だけ品質を変える addroi”

ARIB字幕をVTTにしてHLSで視聴する

現状の ffmpeg では VTT字幕と、映像と音声のセグメントを合わせたマスタープレイリストを作れないので、マスタープレイリストを編集しなければならない。多くのブラウザがプレイリストの直接再生に対応していないのでライブラリを使う。

ffmpeg で Apple HTTP Live Streaming(HLS)を扱う

Continue reading “ARIB字幕をVTTにしてHLSで視聴する”

任意のラウドネス値に音量を調整する loudnorm

目標となる LUFS とラウドネスレンジ、トゥルーピークを調整する loudnorm フィルタの使い方。1回の処理で行うのと、1回目の解析結果を使って2回の処理を行う方法の2種類がある。loudnorm フィルタを当てるとサンプリング周波数が192kHzにリザンプルされるので、-araresample フィルタで目標のサンプリング周波数を指定する。

Continue reading “任意のラウドネス値に音量を調整する loudnorm”