FFmpegのオーディオフィルタの本を頒布した技術書典9を振り返る

#技術書典 「刺され!技術書アワード」の最終候補作品に選ばれた。

前回参加記事
FFmpegの本を頒布した技術書典7を振り返る

告知記事
技術書典9でFFmpegのオーディオフィルタ本が出ます

サークルページ
ニコラボ | 技術書典

新刊。BOOTH版は目次の頭文字数字の項目を直している。どちらも同じ価格で決済手段が異なる。技術書典は差し替えに再審査が必要なので差し替えていない。

FFmpegのオーディオフィルタの本:ニコラボ | 技術書典
【PDF】FFmpegのオーディオフィルタの本 – ニコラボの本屋 – BOOTH

現在技術書典内では電子版と物理本は販売終了し、電子版は一時的に販売停止になっている

Continue reading “FFmpegのオーディオフィルタの本を頒布した技術書典9を振り返る”

フレームのぼやけ度を判定するblurdetect

Marziliano, Pinaらの”A no-reference perceptual blur metric.”を基としたフレームのぼやけ度を判定するblurdetectフィルタの使い方。フィルタを通しても映像は変化しない。メタデータに出力するのでffprobe連携できる。

Continue reading “フレームのぼやけ度を判定するblurdetect”

前後フィールドを考慮して逆テレシネするfieldmatch

fieldmatchフィルタで逆テレシネしてプログレッシブフレームを作り、プログレッシブ化に漏れたフレームを改めてインターレース解除フィルタでプログレッシブ化しdecimateフィルタで間引けば24p化することができる。テレシネではなくインターレースのときは逆テレシネしないので、あとのインターレース解除フィルタでプログレッシブ化できる。ポストプロセスppsrcでノイズ除去、または明るさ、コントラストの調整することでオリジナルフィールドを劣化させず逆テレシネすることもできる。

Continue reading “前後フィールドを考慮して逆テレシネするfieldmatch”

単純な逆テレシネフィルタdetelecine

テレシネコンテンツを逆テレシネするdetelecineフィルタの使い方。途中にテレシネでない映像が含まれていても検証素材が多くないが周期は変わらないかもしれない。つまり本編が分かれていも逆テレシネできるが、途中のテレシネではない映像にはインターレース櫛が残る。

Continue reading “単純な逆テレシネフィルタdetelecine”

エッジ傾斜を考慮したインターレース解除フィルタestdif

estdifは”Edge Slope Tracing Deinterlacing Filter”の略語。

ffmpeg でインターレース解除

基本コマンド

ffmpeg input -vf estdif=mode=0:parity=-1:deint=0 -c:a copy output
ffplay input -vf estdif=0:-1:0

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : estdif

Continue reading “エッジ傾斜を考慮したインターレース解除フィルタestdif”

x264のcrfエンコードの結果からほかのcrf値のサイズを推測する

h.264 – ffmpeg – How to estimate CRF for h264 video target size – Stack Overflowより。

-crf 18 -preset slowでエンコードした映像のサイズ、平均ビットレートからほかの-crfの値のサイズ、平均ビットレートを推測する。例ではcrf1増減につき12.85%サイズが変化すると仮定して目標のサイズからのcrfを推測する。crf18で3500MBから2000MBのcrfを推測するには18+LOG(2000/3500)/LOG(1-0.1285)を計算する。計算は表計算ソフトに入力する。
経験上ではcrf1で10%程度は変化すると思っているので、この12.85%を適宜変更する。最初のcrf18のエンコードに時間がかかると思ったら、crf23でエンコードして同様の計算式に入れてもよい。

表計算ソフトコピペ用。
=18+LOG(目標サイズ/crf18サイズ)/LOG(1-0.1285)
=23+LOG(目標サイズ/crf23サイズ)/LOG(1-0.1285)

ffmpeg 5.1リリース

2022年9月25日にffmpeg 5.1.2がリリースされた。アップデート内容はフォーマット関係など修正ばかりで新しいフィルタは入ってない。

Update for 5.1.2 · FFmpeg/FFmpeg@eacfcba

2022年9月1日にffmpeg 5.1.1がリリースされた。アップデート内容はフォーマット関係など修正ばかりで新しいフィルタは入ってない。

Update for 5.1.1 · FFmpeg/FFmpeg@1bad30d

2022年7月23日にffmpeg 5.1 Riemann(ベルンハルト・リーマン – Wikipedia)がリリースされた。今回のリリースはメジャーアップデートとなり、4.4以降に追加された新機能の中からマスターにしか追加されていなかったフィルタやエンコーダ、デコーダ等の新機能が全て取り込まれた。

気になる新機能はipfs/ipnsプロトコル対応。映像の特性を調べるSITIフィルタ、任意の座標にフィルタを当てるfeedbackフィルタ。ffprobeの出力オプションの-oでリダイレクトせずに指定ファイル形式で保存できるように。リップシンク確認動画を作れるavsynctestテストソース、色の表示確認動画を作れるcolorchartテストソースなどがある。

チェンジログにない部分ではLittleCMS 2によるICC Profile対応とiccdetecticcgenフィルタ。AVIF muxer対応して.avif形式で出力と、JPEG XL対応してJPEG XLのエンコード・デコード対応。-vsyncが廃止予定に変わり同じオプション指定の-fps_modeと、複数のタイムスタンプを同期させる-isyncオプションが追加されている。

.avif形式で出力。上が静止画像、下がアニメーション画像:

ffmpeg -i image.png -c:v libsvtav1 -still-picture 1 image.avif
ffmpeg -i video.mp4 -c:v libsvtav1 -frames:v 24 image.avif

前回記事:ffmpeg 5.0リリース

Continue reading “ffmpeg 5.1リリース”

ピクチャーをインターリーブ、デインターリーブするil

ilフィルタの使い方。似たフィルタにフレームをインターリーブするinterleaveフィルタと、フレーム間をインターリーブするtinterlaceフィルタがある。

複数の映像を1つの映像に合わせるinterleave
フィールドを足したり引いたりする tinterlace

Continue reading “ピクチャーをインターリーブ、デインターリーブするil”

マスクに応じてぼかすvarblur

マスクのグレースケールに応じてぼかす範囲を指定するvarblur(Apply variable blur)フィルタの使い方。マスクをつくる方法はgeqフィルタで任意の図形をつくる、lutフィルタなどで映像を加工する、untileフィルタで分割した場所を指定するなどがある。2つのビデオストリームが必要だがそれぞれ同じ解像度出なければならない。タイムライン編集に対応。

Continue reading “マスクに応じてぼかすvarblur”