FFmpegのオーディオフィルタの本を頒布した技術書典9を振り返る

#技術書典 「刺され!技術書アワード」の最終候補作品に選ばれた。

前回参加記事
FFmpegの本を頒布した技術書典7を振り返る

告知記事
技術書典9でFFmpegのオーディオフィルタ本が出ます

サークルページ
ニコラボ | 技術書典

新刊。BOOTH版は目次の頭文字数字の項目を直している。どちらも同じ価格で決済手段が異なる。技術書典は差し替えに再審査が必要なので差し替えていない。

FFmpegのオーディオフィルタの本:ニコラボ | 技術書典
【PDF】FFmpegのオーディオフィルタの本 – ニコラボの本屋 – BOOTH

現在技術書典内では電子版と物理本は販売終了し、電子版は一時的に販売停止になっている

Continue reading “FFmpegのオーディオフィルタの本を頒布した技術書典9を振り返る”

千円HDMIキャプチャ、Y&H HDMIキャプチャカード

千円で有名になったHDMIキャプチャカードだが、複数の販売元では送料込みで700円を割り込んでいる。公式画像では「Shenzhen Yonghui Fashion Co., Ltd」の配送になるが、今回購入したのは「XBOW」から。「今すぐ買う」のボタンの下から選択できる。最初の頃に言われていた音声がおかしい問題は解決されて1280×720の60fpsのMJPGで取り込めて、手軽なHDMI出力の画面表示に使える。

Continue reading “千円HDMIキャプチャ、Y&H HDMIキャプチャカード”

ffmpegでBlackmagic Designの製品を扱う

保有しているIntensity Proをffmpegで入力したり、出力したりする。ずいぶん昔のハードウェアなのでキャプチャー解像度は1080p30まで。音声は6チャンネルのサラウンドも読み込める(実際に音が含まれているかは未確認)。接続方法にHDMIとコンポーネント端子、RCA端子(黄白赤)がある。解像度やフレームレート、インターレースなど対応内容に一致しないと扱えない。HDMI以外のアナログ入力はffmpegで扱う方法がよくわからなかった。OBSではアナログでも出力を480iに入力解像度を合わせれば表示できた。RCA端子(黄白赤)入力には8(緑)、14(白)、 15(赤)に接続。

現在のffmpegでは出力に使う–enable-decklinkをつけるには–enable-nonfreeも必要なので配布バイナリには含まれていない。用意するだけならmedia-autobuild_suiteを使うのが手軽。SDKの利用にm-ab-s / decklink-headers · GitLabを使っている。

扱う方法は映像と音声を合わせた–enable-decklink-f decklinkと、-f dshowの映像2種類Decklink Video Captureと、Blackmagic WDM Capture。音声2種類ライン入力 (Blackmagic Audio)Decklink Audio Captureがある。

まずはドライバを現在の最新版である、Desktop Video 11.6をインストールする。古いバージョンをインストールしていれば先にアンインストールする。

サポートセンター | Blackmagic Design

Nintendo SwitchをHDMIに入力し、HDMIの出力からPCモニターに接続したところ、入力映像をアクティブ、例えばffplayやffmpeg、OBSでデバイスを読み込むと入力と同時に出力も行う。

Continue reading “ffmpegでBlackmagic Designの製品を扱う”

この1ヶ月でのニコニコアカウント取得の変更点

まずはアカウントIDは9月1日時点では9921万で、8月からおよそ100万増えている。

10月1日時点では1億1596万で一気に1675万も増えた。

Continue reading “この1ヶ月でのニコニコアカウント取得の変更点”

技術書典9でFFmpegのオーディオフィルタ本が出ます

ブログではビデオフィルタばかり書いているが、今回はオーディオフィルタを使って音量の調整や、デノイズ、簡単な解析に特化した内容になる。前回は100ページを超える大作だったが、今回は30ページ、電子版は最後の白紙ページを除いた28ページになる。価格は電子版、物理本どちらも500円になり、電子版だけと、電子版と物理本のセットの2種類になる。電子版と物理本のセットは技術書典9開催期間中だけの販売となる。物理本は50部の予定なので売り切れたら終了、残ったらBOOTHでの委託販売も考えている。

2020年9月12日10時から販売開始予定。
FFmpegのオーディオフィルタの本:ニコラボ

Continue reading “技術書典9でFFmpegのオーディオフィルタ本が出ます”

Zeranoe ffmpeg、9月18日に閉鎖へ

FFmpeg Builds – Zeranoe

ffmpeg.zeranoe.com will close on Sep 18, 2020, and all builds will be removed. If you’re using Zeranoe FFmpeg Builds in your product, please ensure that you have a hosting strategy in place by the 18th. Thank you to everyone who supported the project along the way!

WindowsとmacOSのffmpegを配布しているffmpeg.zeranoe.comは過去のアーカイブも削除して2020年9月18日に閉鎖する。これに対して個人でffmpegを用意するにはビルドスクリプトを使う方法がある。

Continue reading “Zeranoe ffmpeg、9月18日に閉鎖へ”

音声のチャンネルレイアウトを変えるchannelmap

ステレオの左右を入れ替えたり、3つの音声を合わせると2.1チャンネル、3チャンネル(前)、3チャンネル(後)など推定できないときにレイアウトを明示するのに使うchannelmapフィルタの使い方。

左右を入れ替えたり、混ぜたり音量を変えるpanフィルタや、複数ファイルを入力して複数チャンネルにするamergeフィルタがある。

各チャンネルの音声を合わせたり調整する pan
入力した音声ストリーム順にチャンネル配置する amerge

Continue reading “音声のチャンネルレイアウトを変えるchannelmap”

指定したチャンネルの周波数帯の音量を変えるequalizer

指定したチャンネルの周波数帯の音量を変えるequalizerフィルタの使い方。チャンネル毎に設定でき、設定方法も直感的なので使いやすい。

Continue reading “指定したチャンネルの周波数帯の音量を変えるequalizer”