FFmpegの本を頒布した技術書典7を振り返る

告知記事。
技術書典7 でFFmpeg本出ます

サークルページ。
サークル詳細 | ニコラボ | 技術書典

PDF版はBOOTHで販売している。楽天ポイントが使える。
【PDF】FFmpegの本 – ニコラボの本屋 – BOOTH

無料サンプルも公開した。
【サンプル】FFmpegの本【PDF】 – ニコラボの本屋 – BOOTH

FFmpegの本の誤字・脱字・間違い・要望・感想などのフォーム
https://docs.google.com/forms/d/1GXK9gq4MCS12VfFlP6ItblHx-lufJJm_H4F6NXlmyXU/

遠征組なので途中小机駅でラグビーW杯の観戦者の列を見て親戚の横浜に泊まる。当日は10時少し過ぎた頃に到着。トイレは入場前に行くのが正解。10時過ぎに個室は行列ができていたが小便の方はスムーズに流れていた。会場に入るのに4列に並んで待機し入場。設営は隣を見ながら行ったので滞りなく開場前までに済んだ。

Continue reading “FFmpegの本を頒布した技術書典7を振り返る”

色関係の設定のまとめ

ここ最近、連続投稿していた記事のまとめ。

入力オプションで色の情報を宣言し、出力オプションで出力設定を行う。
色の情報の扱いについて

色の出力設定を行う。上の出力オプションのほうが汎用性が高い。
ビットストリームフィルタのまとめ

フィルタ内で色の情報を宣言する。
カラーレンジを記述するsetrange
フィールドタイプや色域を記述するsetparams

フィルタ内で色の情報を変換する。
色空間変換するcolorspace
色の変換色を変更するcolormatrix

ビットストリームフィルタのまとめ

H.264、HEVC、VP9、AV1、Proresのビットストリームフィルタで色関係のまとめ。各コーデックで出力したときにcolor_range、color_primaries、color_trc、color_spaceの情報を書き込む。

オプションでの色の設定。
色の情報の扱いについて

Continue reading “ビットストリームフィルタのまとめ”

カラーレンジを記述するsetrange

入力した映像のカラーレンジを記述するsetrangeフィルタの使い方。 入力映像は変更しないがフィルタやエンコーダの処理方法に影響を与える。

汎用に出力時の色情報を記述するsetparamsフィルタもある。
フィールドタイプや色域を記述するsetparams

基本コマンド

このフィルタはフィルタ内でしか反映されないので実際の出力内容に反映させるには出力オプションに-color_rangeを指定する。
ffmpeg -i input -vf setrange=tv -color_range tv -c:a copy output

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : setrange

Continue reading “カラーレンジを記述するsetrange”

色の変換色を変更するcolormatrix

YUVの変換式の変換を行うcolormatrixフィルタの使い方。このフィルタは8ビット深度の映像限定である。

基本コマンド

BT.470-2 System B,GからBT.709に変換。
ffmpeg -i input -vf colormatrix=bt470bg:bt709 -c:a copy output

公式Wiki:<colorspace – FFmpeg
公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : colormatrix

Continue reading “色の変換色を変更するcolormatrix”

色空間変換するcolorspace

カラースペースの変換を行うcolorspaceフィルタの使い方。このフィルタは高ビット深度の映像にも対応している。

基本コマンド

BT.709に統一して変換。
ffmpeg -i input -vf colorspace=all=bt709 -c:a copy output

公式Wiki:colorspace – FFmpeg
公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : colorspace

Continue reading “色空間変換するcolorspace”

色の情報の扱いについて

いわゆるcolor primaries、color transfer characteristics、color spaceの扱いについて。解像度とフレームレートに関わるPAL、NTSC。解像度に関わるSD、HD、UHD。輝度のダイナミックレンジに関わるSDR、HDRなどの組み合わせで最適なオプションを指定する。これらのオプションはYUVの映像をRGBのモニターに正しく、指定した設定で表示するものである。それぞれの設定の効果については正確なことが言えないのでここでは触れない。

それぞれのわかりやすい説明。
よくわかる、HDR徹底解説! HDRとは | EIZO株式会社

ffmpeg Documentation : Codec Optionsの下の方にある。それぞれ入力、出力オプションになるので入力ファイルの前、入力ファイルの後ろ(出力ファイルの前)に指定する。

Continue reading “色の情報の扱いについて”

2020年6月のニコ生統計

2017年1週目から2019年10週目までの取得漏れが判明し、毎週土曜日の放送開始0時から6時までの6時間が入ってなかった。気がついたのが2019年11週目で月間統計は過去のデータを修正したが過去記事は修正してない。

集計期間は週間のニコ生統計の1ヶ月分である。2018年からカテゴリタグの割合は今までと変わらないが、1枠30分の割合が少なくなったので来場者数とコメント数の6000以上を除かないすべての放送を対象にした。それに伴い平均値は除外した。来場者数はTS視聴可能時間が来れば増え、TS来場者数を含まずに計算することは困難な仕様なので、翌日(当日)の朝に前日の6時から当日の6時までを取得している。

2019年8月28日より一般会員でも配信できるようになった。
ユーザー生放送を一般会員の方でもお試しで配信できるようになりました|ニコニコインフォ

Continue reading “2020年6月のニコ生統計”

連続フレームの映像を任意の割合でミックスするtmix

連続したフレームのピクセル値を任意の割合で混ぜ合わせるtmixフィルタの使い方。

複数入力した映像を混ぜ合わせるならmixフィルタがある。
複数の映像を任意の割合でミックスする mix

Continue reading “連続フレームの映像を任意の割合でミックスするtmix”

フレームを間引くdecimate、mpdecimate

一定のフレーム間隔で重複フレームを間引くdecimateフィルタと、前フレームとあまり変化のないフレームを間引くmpdecimateフィルタの使い方。

Windows の ffmpeg で生放送する方法で書いていた内容をこちらに引っ越し内容を修正した。

一定周期のフレームを間引くフィルタにshuffleframesフィルタがある。
指定フレーム毎に順番を入れ換える shuffleframes

Continue reading “フレームを間引くdecimate、mpdecimate”