estdifは”Edge Slope Tracing Deinterlacing Filter”の略語。

ffmpeg でインターレース解除

基本コマンド

ffmpeg input -vf estdif=mode=0:parity=-1:deint=0 -c:a copy output
ffplay input -vf estdif=0:-1:0

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : estdif

オプション

  • mode[int]
    モード指定
    • 0, frame:2枚のフィールドから1枚のフレームを作る
    • 1, field:1枚のフィールドから1枚のフレームを作る。いわゆる片フィールド補間でフレーム数が2倍になる。既定値
  • parity[int]
    フィールドタイプを指定する。自動で判断できなければtffと判断する
    • 0, tff:トップフィールドファースト
    • 1, bff:ボトムフィールドファースト
    • -1, auto:自動指定。既定値
  • deint[int]
    どのフレームを処理するか
    • 0, all:すべて。既定値
    • 1, interlaced:インターレースフラグがあるのだけ
  • rslope[int]
    エッジ傾斜トレースの探索半径の指定
    既定値:1
    範囲:1から15まで
  • redge[int]
    最適なエッジマッチの探索半径の指定
    既定値:2
    範囲:0から15まで
  • ecost[float]
    エッジマッチのエッジコストの指定
    既定値:0.5
    範囲:0から1まで
  • mcost[float]
    エッジマッチの中間コストの指定
    既定値:0.5
    範囲:0から1まで
  • dcost[float]
    エッジマッチの距離コストの指定
    既定値:0.5
    範囲:0から1まで
  • interp[int]
    使用する補間の指定
    • 0, 2p:2点
    • 1, 4p:4点。既定値
    • 2, 6p:6点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)