複数トラック、複数ファイルの音声のチャンネルレイアウトを指定するamergeフィルタの使い方。チャンネルレイアウトが重複なく互換性があるときはそのレイアウトに並び替える。重複したり、抜けている場合はチャンネル数の既定値のレイアウトに並び替える。すべての音声は同じサンプルレートの同じフォーマットでなければならない。もし音声時間が異なれば短い時間の方で出力が止まる。

マージされたファイルを複数のモノラルトラックに分けるにはchannelsplitフィルタを使う。
任意の音声チャンネルを出力する channelsplit

基本コマンド

左だけ、右だけの音声を合わせてステレオにする。
ffmpeg -i front_left.wav -i front_right.wav -filter_complex amerge=inputs=2,channelmap=channel_layout=stereo stereo.wav

音声のチャンネルレイアウトを変えるchannelmap

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : amerge

オプション

チャンネル配置は チャンネルレイアウトの書式に準ずる。

inputs[int]
入力数の指定
既定値:2
範囲:1 から 64 まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)