2019年8月6日に ffmpeg 4.2 Ada(エイダ・ラブレス)がリリースされた。今回のリリースはメジャーアップデートとなり、セキュリティ対応や 4.1 以降に追加された新機能の中からマスターにしか追加されていなかったフィルタやデコーダの新機能が全て取り込まれた。

今回のリリースで気になった部分は、libdav1d を使った AV1 デコーダ、ライセンス違反による libndi-newtek の除外、PocketSphinx を使った音声認識の asr フィルタ、DNN を使って映像内の雨を除去する derain フィルタ、libaribb24 を使って日本のテレビ字幕に対応した。

libndi-newtek の除外については、#7589 (NewTek distributing non-free FFmpeg build) – FFmpeg[FFmpeg-devel] lavd: Remove libndi newtek – Patchwork を参照。

FFmpeg Filters Documentation : asr
FFmpeg Filters Documentation : derain

前回記事
ffmpeg 4.1 リリース

git.videolan.org Git – ffmpeg.git/blob – RELEASE_NOTES

4.1 以降に取り込まれた機能の一覧
git.videolan.org Git – ffmpeg.git/blobdiff – Changelog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)