adelay フィルタは音声のチャンネル毎に無音の挿入ができたが、この apad フィルタはまとめて最後に無音を挿入する。

音声の先頭に無音を挿入する adelay

基本コマンド

オプション無指定だと無限に無音が挿入されるので -t-shortest を併用する。
ffmpeg -i input -af "apad" -shortest -c:v copy output

音声の最後に10秒無音を挿入する。
ffmpeg -i input -af "apad=pad_dur=10" -c:v copy output

入力した音声を含めて5分になるように無音を挿入する。
ffmpeg -i input -af "apad=whole_dur=00\\\:05\\\:00" -c:v copy output

音声の最後に48,000サンプル、無音を挿入する。
ffmpeg -i input -af "apad=pad_len=48000" -c:v copy output

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : apad

オプション

  • packet_size[int]
    パケットサイズの指定
    既定値:4096
    範囲:0 から INT_MAX まで
  • pad_len[int64]
    音声の最後に挿入されるパケット数
    既定値:-1(無限)
    範囲:1 から I64_MAX まで
  • whole_len[int64]
    無音を含めた音声全体のパケット数。pad_len の方が優先される
    既定値:-1(無限)
    範囲:1 から I64_MAX まで
  • pad_dur[duration]
    音声の最後に挿入される時間
    既定値:0
  • whole_dur[duration]
    無音を含めた音声全体の時間。pad_dur の方が優先される
    既定値:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)