無音状態から音量を次第に上げる(フェードイン)と、次第に下げて(フェードアウト)無音状態にするafadeフィルタの使い方。

映像はこちら:フェードイン、フェードアウトの設定ができる fade
クロスフェードはこちら:
入力した2つの音声にクロスフェードをかける acrossfade の使い方
curveの実装について:
フェードトランジションのカーブを別フィルタに実装する

基本コマンド

最初から2秒間でフェードインする。
ffmpeg -i input -af "afade=t=in:st=0:d=2" -c:v copy output

最初から1分経過した後に3秒間フェードアウトする。H:M:S形式は:をエスケープする。
ffmpeg -i input -af "afade=t=out:start_time=00\\:01\\:00:d=3" -c:v copy output

最初から480,000サンプル経過した後に48,000サンプル、フェードアウトする。
ffmpeg -i input -af "afade=t=out:ss=480000:st=48000" -c:v copy output

フェードのカーブをlogに変える。
ffmpeg -i input -af "afade=t=in:st=0:d=2:curve=log" -c:v copy output

4秒経過してから1秒間、1入力目の音声から2入力目の音声へクロスフェードする。2つの音声はamixフィルタで1つにまとめる。
ffmpeg -i audio1 -i audio2 -filter_complex "[0:a]afade=t=out:st=4:d=1,asetpts=PTS-STARTPTS[0a];[1:a]afade=t=in:st=4:d=1,asetpts=PTS-STARTPTS[1a];[0a][1a]amix" output

複数の音声を混ぜる amix

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : afade

オプション

  • type, t[int]
    フェードタイプの指定
    • 0, in
      フェードイン。既定値
    • 1, out
      フェードアウト
  • start_sample, ss[int64]
    フェード効果が始まる開始サンプル数
    既定値:0
    範囲:0 から I64_MAX まで
  • nb_samples, ns[int64]
    フェード効果の継続サンプル数
    既定値:44100
    範囲:1 から I64_MAX まで
  • start_time, st[duration]
    フェード効果が始まる開始秒
    既定値:0
  • duration, d[duration]
    フェード効果の継続秒
    既定値:0
  • curve, c[int]
    フェードカーブのアルゴリズム指定。詳しくは AfadeCurves – FFmpegを参照
    • 0, tri:既定値
    • 1, qsin
    • 2, esin
    • 3, hsin
    • 4, log
    • 5, ipar
    • 6, qua
    • 7, cub
    • 8, squ
    • 9, cbr
    • 10, par
    • 11, exp
    • 12, iqsin
    • 13, ihsin
    • 14, dese
    • 15, desi
    • 16, losi
    • 17, nofade

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)