指定したチャンネルの周波数帯の音量を変えるequalizerフィルタの使い方。チャンネル毎に設定でき、設定方法も直感的なので使いやすい。

基本コマンド

1000Hzで帯域幅200Hzに10dB減退させる。
ffmpeg -i input -af equalizer=f=1000:t=h:w=200:g=-10 -c:v copy output

ステレオのFL(左)だけフィルタを当てる。
ffmpeg -i input -af equalizer=f=1000:t=h:w=200:g=-10:c=FL -c:v copy output

5.1チャンネルサラウンドのFL(左)、FR(右)だけフィルタを当てる。
ffmpeg -i input -af "equalizer=f=1000:t=h:w=200:g=-10:c=FL|FR" -c:v copy output

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : equalizer

オプション

  • frequency, f[double]
    フィルタを当てる周波数の中央の指定。単位はHz
    既定値:0
    範囲:0から999999まで
  • width_type, t[int]
    widthで指定する単位
    • 1, h:Hz
    • 2, o:octave
    • 3, q:Q-Factor。既定値
    • 4, s:slope
    • 5, k:kHz
  • width, w[double]
    frequencyの帯域幅の指定
    既定値:1
    範囲:0から99999まで
  • gain, g[double]
    ゲインの指定。単位はdB
    既定値:0
    範囲:-900から900まで
  • mix, m[double]
    数値が小さいほどフィルタの効果がなくなる
    既定値:1
    範囲:0から1まで
  • channels, c[channel_layout]
    フィルタを当てるチャンネルの指定。個別のチャンネルにフィルタを当てるなら|で分けて複数指定する。|は特殊文字なのでフィルタ全体をではさむ
    16進数の指定方法より個別のチャンネル名の方がわかりやすい
    既定値:0xffffffffffffffff(すべてのチャンネル)
  • normalize, n[boolean]
    DC応答の大きさを0dBに正規化する
    既定値:0(正規化しない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)