2チャンネルの値を2次元で表示する vectorscope


histogram フィルタに含まれていた color オプションが個別のフィルタになった。

前回書いた記事:ffmpeg でヒストグラムを表示する

基本コマンド

ffplay -f lavfi -i mandelbrot -vf vectorscope=m=1:x=1:y=2:i=.04:e=0

vectorscope のプレビューサンプル

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : vectorscope

オプション

  • mode, m[int]
    0, gray。既定値
    1, color
    2, color2
    3, color3
    4, color4
    5, color5
  • x[int]
    X軸のチャンネル指定。既定値:1
    0, 1, 2 の順番に YUV, RGB
  • y[int]
    Y軸のチャンネル指定。既定値:2
    0, 1, 2 の順番に YUV, RGB
  • intensity, i[float]
    mode が gyay, color, color3 のとき同じ輝度がどれだけ分散されているか。
    小さい値ほど範囲が狭い。指定範囲:0 から 1 まで
    既定値:0.04
  • envelope, e[int]
    0, none:既定値
    1, instant:現在の最小と最大を表示
    2, peak:最大と最小をずっと表示する
    3, peak+instant

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)