PTSやピクチャータイプやピクセルフォーマット、ピクセル値などを調べるのに使うshowinfo、ashowinfoフィルタの使い方。一般的な使い方はffplayで再生してコンソールに情報を流しながら見るもので、得た情報のメタデータを他のフィルタに渡すことは今のところできない。

メタデータを扱えるffmpegは個人のレポジトリにある:
libavfilter/vf_showinfo.c: Add metadata mode · cho-dev/FFmpeg-jwmod@b9e9219

基本コマンド

ffplay -i input -vf showinfo=1
ffplay -i input -af ashowinfo

オプション

checksum[boolean]
showinfoフィルタのみ。映像のチェックサム、ピクセル平均、ピクセル標準偏差を計算する。
既定値:1
範囲:0と1

解析内容

showinfo

  • n
    デコード開始からのフレーム番号。シークするとリセットされる。回避方法
  • pts
    PTS時間。よく見る時間はこれにタイムベースを掛けている
  • pts_time
    PTS時間。非表示になるときは取得できていないか、意味をなさないなど
  • pos
    デコード時点での合計ファイルサイズ
  • fmt
    ピクセルフォーマット名
  • sar
    サンプルアスペクト比。num/den
  • s
    映像の解像度。横x縦
  • i
    インターレースの状態(”P”はプログレッシブ。”T”はトップフィールドファースト。”B”はボトムフィールドファースト)
  • iskey
    キーフレームかどうか。0ならそれ以外
  • type
    ピクチャータイプ(”I”はI-frame。”P”はP-frame。”B”はB-frame。”?”は不明)
  • checksum
    Adler-32チェックサム
  • plane_checksum
    各チャンネルのAdler-32チェックサム
  • mean
    各チャンネルのピクセル平均値
  • stdev
    各チャンネルのピクセル標準偏差値

ashowinfo

  • n
    デコード開始からのフレーム番号。シークするとリセットされる。回避方法
  • pts
    PTS時間。よく見る時間はこれにサンプリング周波数を割っている
  • pts_time
    PTS時間
  • pos
    デコード時点での合計ファイルサイズ
  • fmt
    サンプルフォーマット名
  • chlayout
    チャンネルレイアウト名
  • rate
    サンプリング周波数
  • nb_samples
    オーディオ1フレームあたりのサンプル数
  • checksum
    Adler-32チェックサム
  • plane_checksums
    各チャンネルのAdler-32チェックサム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)