1入力した映像を2入力目の解像度にリサイズするscale2refの使い方。主な用途は異なる解像度の動画をフィルタ内で比較、参照したりするときに、参照動画の解像度はscaleフィルタでは取得できないので その代わりにscale2refフィルタを使うことになる。使えるオプションはscaleフィルタと同じ。

リサイズする scale

基本コマンド

input1:640x360p、input2:1280x720p
input1 の解像度は1280×720にリサイズされ、input2はそのままの例。
ffmpeg -i input1 -i input2 -filter_complex scale2ref[a][b] -map [a] -map 0:a -c:a copy output1 -map [b] -map 1:a -c:a copy output2

input1の解像度はinput2の4分の1にリサイズされ、input2はそのままの例。
ffmpeg -i input1 -i input2 -filter_complex scale2ref=1/4*iw:1/4*ih[a][b] -map [a] -map 0:a -c:a copy output1 -map [b] -map 1:a -c:a copy output2

input1をinput2の解像度にリサイズしてinput2を出力しない例。
ffmpeg -i input1 -i input2 -filter_complex scale2ref[a][b] -map [a] -map 0:a -c:a copy output1 -map [b] -f null -

さらにリサイズアルゴリズムを変えるならflagsを使う。
ffmpeg -i input1 -i input2 -filter_complex scale2ref=flags=lanczos[a][b] -map [a] -map 0:a -c:a copy output1 -map [b] -f null -

公式ドキュメント:
FFmpeg Filters Documentation : scale
FFmpeg Filters Documentation : scale2ref

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)