8ビットなら255を0に反転させるnegateフィルタの使い方。lutフィルタでも同様のことができる。タイムライン編集と高ビット深度に対応。

Windows の ffmpeg で生放送する方法 – LUT(ルックアップテーブル、ラット)

基本コマンド

各チャンネルを反転させる。
ffmpeg -i input -vf negate=negate_alpha=0 -c:a copy output.mp4
ffplay -i input -vf negate

lutフィルタで同じ効果。
ffmpeg -i input -vf lut=negval:negval:negval -c:a copy output.mp4
ffplay -i input -vf lut=negval:negval:negval

2回フィルタを当てると元に戻る。
ffplay -i input -vf negate,negate

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : negate

オプション

negate_alpha[boolean]
アルファチャンネルも反転する
既定値:0(反転しない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)