2018年4月20日に ffmpeg 4.0 Wu(Chien-Shiung Wu, 呉健雄) がリリースされた。今回のリリースはメジャーアップデートとなり、3.4 以降に追加された新機能の中からマスターにしか追加されていなかったフィルタやエンコーダ、デコーダ等の新機能が全て取り込まれた。今回は特にハードウェアアクセレーション関係のコミットが多い印象である。

前回記事
ffmpeg 3.4 リリース

RELEASE NOTES for FFmpeg 4.0 “Wu”

3.4 以降に取り込まれた機能の一覧
Changelog 3.4 to 4.0 < git.videolan.org Git

気になった新機能をいくつか紹介

mp4 の暗号化、復号方法
ffmpeg -f lavfi -i testsrc2=d=10 -c:v libx264 -encryption_scheme cenc-aes-ctr -encryption_key 76a6c65c5ea762046bd749a2e632ccbb -encryption_kid a7e61c373e219033c21091fa607bf3b8 encrypted.mp4
ffmpeg -decryption_key 76a6c65c5ea762046bd749a2e632ccbb -i encrypted.mp4 -c copy decrypted.mp4

追加されたフィルタで記事にしているフィルタ
複数の映像を任意の割合でミックスする mix

One thought on “ffmpeg 4.0 リリース”

  • Tac

    Wikipedia見た感じだと、mjpeg_qsvはSkylakeからですかね。
    Braswellも対応しているようですが。
     https://en.wikipedia.org/wiki/Intel_Quick_Sync_Video

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)