ffmpeg 4.0 で追加されたフィルタ。複数の映像を任意の割合で混ぜ合わせるmixフィルタの使い方。今までは透過チャンネルを使ってoverlayフィルタを使っていたがこれからはもっと手軽に複数の映像を映し出すことが出来る。

1つのファイルで連続するフレームを混ぜるならtmixフィルタがある。
連続フレームの映像を任意の割合でミックスするtmix

似たフィルタにfadeフィルタがある。
フェードイン、フェードアウトの設定ができる fade

基本コマンド

既定値では2入力である。
ffmpeg -i input1 -i input2 -filter_complex mix ouput
ffmpeg -re -i input1 -i input2 -filter_complex mix -f sdl -

testsrc2 の映像

smptebars の映像

testsrc2, smptebars を mix した映像

3入力する場合のコマンド例。
ffmpeg -i input1 -i input2 -i input3 -filter_complex mix=3 ouput
公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : mix

オプション

入力する映像は同じ解像度にすること。

  • nb_inputs[int]
    入力数の指定
    既定値:2
    範囲:2 から INT_MAX まで
  • weights[string]
    入力の比重指定。入力毎にスペースを空ける
    既定値:”1 1″
  • duration[int] : フィルタの終了方法
    • longest, 0 : 一番長い映像が終わったら。既定値
    • shortestt, 1 : 一番短い映像が終わったら
    • first, 2 : 1入力の映像が終わったら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)