カバーアートを付けるとエクスプローラにサムネイルが表示、変更できる。

H.264 だとサムネイルが表示されるが、H.265 だと表示されないのがこれで表示できる。サムネイルは PNG でも可能。
ffmpeg -i movie.mp4 -i thumb.jpg -disposition:v:1 attached_pic -map 0 -map 1 -c copy movie-with-cover.mp4

MP3 の場合。
ffmpeg -i audio.mp3 -i thumb.jpg -disposition:v:1 attached_pic -map 0 -map 1 -c copy -id3v2_version 3 -metadata:s:v title="Album cover" -metadata:s:v comment="Cover (front)" audio-with-cover.mp3

動画ファイルから時間指定でシーンを選んでカバーアートつきのMP3ファイルを出力することも出来る。以下のコマンド例は開始10秒のシーンをアスペクト比保持して横幅320ピクセルのカバーアートになる。
ffmpeg -i movie.mp4 -map 0:v:0 -map 0:a -vf trim=start='00\:10.000',trim=end_frame=1,setpts=0,scale=320:-1 -c:v:0 mjpeg -disposition:0 attached_pic audio-with-cover.mp3

ffmpeg でメタデータを加える | ニコラボ
albumart – How to add album art with ffmpeg? – Stack Overflow
video – ffmpeg set subtitles track as default – Stack Overflow
ffmpeg – extract mp3 from video file and use specific frame as cover image – Super User

disposition の設定

音声が2つ以上あるときに再生したとき最初に流れる音声を代えられる。ただし MKV コンテナに限る。

2番目の音声を最初に再生するコマンド例。
ffmpeg -i movie.mp4 -map 0:v -map 0:a -c copy -disposition:a:0 0 -disposition:a:1 default output.mkv

ffmpeg Documentation
-disposition[:stream_specifier] value (output,per-stream)
具体的にそれぞれにどのような効果があるのか分からない。

  • default
  • dub
  • original
  • comment
  • lyrics
  • karaoke
  • forced
  • hearing_impaired
  • visual_impaired
  • clean_effects
  • attached_pic
  • captions
  • descriptions
  • dependent
  • metadata

ちなみにこちらもMKVコンテナに限るが、追加した字幕ファイルを再生したときに最初から表示することもできる。普通にremuxすると字幕は最初から表示してくれない。
ffmpeg -i movie.mp4 -i sub -c copy -disposition:s:0 default sub-default.mkv

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)