ウェーブレットデノイザ vaguedenoiser


ffmpeg 3.2 でリリース予定のビデオフィルタ。Cohen-Daubechies-Feauveau(CDF) 9/7 のウェーブレットデノイザ。フィルタを当てるチャンネルを指定できる。

基本コマンド

ffmpeg -i input -vf vaguedenoiser=threshold=2:method=2:nsteps=6:percent=85:planes=15 output
ffmpeg -i input -vf vaguedenoiser=2:2:6:85:15 output
ffplay -i input -vf vaguedenoiser=2:2:6:85:15

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : vaguedenoiser

オプション

  • threshold[float]
    ぼかす強度指定。高い値ほどぼかす
    既定値:2
    範囲:0 から DBL_MAX まで
  • method[int]
    フィルタの方法

    • 0, hard
    • 1, soft
    • 2, garrote:既定値
  • nsteps[int]
    映像を何分割するかの指定。縦解像度が指定値n(2^n) を超えてはならない
    既定値:6
    範囲:1 から 32 まで
  • percent[float]
    何%をデノイズするかの指定
    既定値:85
    範囲:0 から 100 まで
  • planes[int]
    フィルタを当てるチャンネル指定
    詳しくは ffmpeg について | チャンネルの順番と注意点 を参照
    既定値:15(すべてのチャンネル)
    範囲:0 から 15 まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。