よく使われるのがリアルタイムの re であるが、それだと1倍速にしかならないので音声の PTS を加工して速度を調整する。

本来のダウンロード速度は制限前より高速であることが前提である。倍速の逆数に asetpts フィルタで変更し arealtime フィルタでリアルタイム処理にする。

1.1倍速の例
ffmpeg -i "https://example.com/hls/playlist.m3u8" -c copy output.ts -af asetpts=10*PTS/11,arealtime -vn -f null -

1.5倍速の例
ffmpeg -i "https://example.com/hls/playlist.m3u8" -c copy output.ts -af asetpts=2*PTS/3,arealtime -vn -f null -

2倍速の例
ffmpeg -i "https://example.com/hls/playlist.m3u8" -c copy output.ts -af asetpts=PTS/2,arealtime -vn -f null -

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)