CLUT データから色を置換する haldclut


映像や画像 の CLUT(カラールックアップテーブル、カラーパレットとも言われる)データから色を置換する haldclut フィルタの使い方。CLUT 画像は一般に配布されているものを使うことができるが、解像度を所定のサイズにする必要がある。

基本コマンド

CLUT データを準備する
ffmpeg -f lavfi -i haldclutsrc=8:d=10 -vf "hue=H=2*PI*t:s=sin(2*PI*t)+1, curves=cross_process" -c:v ffv1 clut.nut
元映像に CLUT データを参照して haldclut フィルタを当てる
ffmpeg -i input -i clut.nut -filter_complex [0][1]haldclut -shortest output
ffplay input -vf movie=clut.nut,[in]haldclut
ffplay -f lavfi -i movie=input[0];movie=clut.nut[1];[0][1]haldclut


haldclutsrc[int] で CLUT データが作れる。オプションによって解像度が異なる。haldclut フィルタは以下の正方形の解像度でなければならない。

  • 2:8×8
  • 3:27×27
  • 4:64×64
  • 5:125×125
  • 6:216×216
  • 7:343×343
  • 8:512×512

公式ドキュメント
FFmpeg Filters Documentation : haldclut
FFmpeg Filters Documentation : haldclutsrc

オプション

  • shortest[boolean]
    ファイルの再生時間が短い方に時間を合わせて終了する
    既定値:0(無効)
  • repeatlast[boolean]
    CLUT ファイルの再生が最後まで行ったらその最後の状態を維持する
    既定値:1(有効)
  • interp[int]
    補間方法

    • 0, nearest:隣同士
    • 1, trilinear:8方向
    • 2, tetrahedral:4面体。既定値

関連記事
RawTherapee:また新たな機能?Hald CLUT(フィルムシミュレーション) 素人のRAW現像記録/ウェブリブログ
Film Simulation/jp – RawPedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)