輪郭を保護しながらシャープにしたりぼかしたりする unsharp


似たフィルタに smartblur があり、こちらもぼかしたりシャープにできる。RGB の映像は YUV に変換され、輝度だけ、彩度だけ、また両方にフィルタを掛けられる。

基本コマンド

ffmpeg -i input -vf unsharp=lx=5:ly=5:la=1:cx=5:cy=5:ca=0:opencl=0 output
ffplay -i input -vf unsharp=5:5:1:5:5:0:0

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : unsharp

オプション

輝度、または彩度のオプションを無効にするには luma_amount, chroma_amount のオプションを 0 にする。

  • luma_msize_x, lx[int]
    輝度(Y)の横サイズの指定。lx + ly が26以下でなければならない
    既定値:5
    範囲:3 から 23 までの奇数
  • luma_msize_y, ly[int]
    輝度(Y)の縦サイズの指定。lx + ly が26以下でなければならない
    既定値:5
    範囲:3 から 23 までの奇数
  • luma_amount, la[float]
    輝度(Y)のフィルタ強度。プラスでシャープに、マイナスでぼかしに効果があり、値の絶対値が大きいほど効果も大きくなる
    適正値は -1.5 から 1.5 まで、0 で無効になる
    既定値:1
    範囲:-2 から 5.0 まで
  • chroma_msize_x, cx[int]
    彩度(UV)の横サイズの指定。cx + cy が26以下でなければならない
    既定値:5
    範囲:3 から 23 までの奇数
  • chroma_msize_y, cy[int]
    彩度(UV)の横サイズの指定。cx + cy が26以下でなければならない
    既定値:5
    範囲:3 から 23 までの奇数
  • chroma_amount, ca[float]
    彩度(UV)のフィルタ強度。プラスでシャープに、マイナスでぼかしに効果があり、値の絶対値が大きいほど効果も大きくなる
    適正値は -1.5 から 1.5 まで、0 で無効になる
    既定値:0
    範囲:-2 から 5.0 まで
  • opencl[boolean]
    ffmpeg の configure で –enable-opencl を有効化していれば使う
    既定値:0(無効)
    範囲:0 と 1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)