Dxtory は有料ではあるがこれを使うことで NLEXSplitOSB(MP)FFsplit などのレイアウト画面、MPC-HCmadVR)などのプレイヤー、各種PCゲーム(DirectX や DirectDraw、OpenGL)を ffmpeg で直接取り込むことができる。

配信設定

入力フレームレートはムービータブから指定して、出力解像度と出力フレームレートを下の Video Setting から指定する。配信用途ではエンコード設定が不要なのでムービー設定、ファイル出力のチェックを外し、Directshow出力にチェックを入れる。入力解像度は取り込んだ映像のままになる。

dxtory を ffmpeg で配信する設定例

主な特徴

  • 配信解像度やフレームレートに制限はない
  • いろいろな種類の PCゲームをキャプチャできるが万能ではない
  • NLE、XSplit、OSB(MP)、FFsplit などのレイアウト画面を取り込むことができる
  • レイアウト設定側と Dxtory とで解像度やフレームレートを一致させた方が処理が軽い
  • レイアウト設定側が常時起動しているのでそれに接続している SCFF のプロセスが途切れない
  • 出力プロファイルが4つあるので配信先に応じてリサイズして ffmpeg に送ることができる
  • Dxtory の入力ソースの指定変更はムービーキャプチャを停止(F12)してから変更先をアクティブにして、ムービーキャプチャを再開(F12)することで変更できる

コマンド例
ffmpeg -rtbufsize 100MB -f dshow -i video="Dxtory Video 1" -pix_fmt yuv420p -vcodec libx264 -x264opts colormatrix=smpte170m -f flv rtmp://...

公式サイト
ExKode | Dxtory – 仕様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)