w3fdifフィルタとは BBC R&D の Martin Weston氏を元とし、BBC R&D の Jim Easterbrook氏がインターレース解除の機能を実装した片フィールド補間のインターレース解除フィルタである。w3fdif とは “Weston 3 Field Deinterlacing Filter”。mode、parityオプションの間に追加されたのでオプション名を指定してないと設定内容が以前と異なる。

関連記事
ffmpeg でインターレース解除

基本コマンド

ffplay input -vf w3fdif:filter=1:mode=1:parity=-1:deint=0
ffplay input -vf w3fdif=1:1-1:0

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : w3fdif

オプション

  • filter[int]
    インターレースの係数指定
    • 0, simple:単純。低負荷
    • 1, complex:複雑。高負荷。既定値
  • mode[int]
    インターレースの種類
    • 0, frame:2枚のフィールドから1枚のフレームを作る
    • 1, field:1枚のフィールドから1枚のフレームを作る。いわゆる片フィールド補間でフレーム数が2倍になる。既定値
  • parity[int]
    トップボトムどちらが先かを指定する
    • 0, tff:トップフィールドファースト
    • 1, bff:ボトムフィールドファースト
    • -1, auto:自動設定。既定値
  • deint[int]
    どのフレームを処理するか
    • 0, all:すべて。既定値
    • 1, interlaced:インターレースフラグがあるのだけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)