ffmpeg 4.3 から使える予定のフィルタ。特定の方向にぼかすdblurフィルタの使い方。

基本コマンド

既定値のオプションを当てる。
ffmpeg -i input -vf avgblur=angle=45:radius=5:planes=15 -c:a copy output
ffplay -i input -vf avgblur=45:5:15

効果がわかりやすいサンプル例。
ffplay -f lavfi -i testsrc2 -vf dblur=90:10
ffplay -f lavfi -i testsrc2 -vf dblur=180:10

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : dblur

オプション

  • angle[float]
    ぼかす方向の角度指定
    既定値:45
    範囲:0から360まで
  • radius[float]
    ぼかす半径の指定。大きい値ほど広範囲にぼかす
    既定値:5
    範囲:1から8192まで
  • planes[int]
    フィルタを当てるチャンネル指定
    詳しくは ffmpeg について | チャンネルの順番と注意点を参照
    既定値:15(すべてのチャンネル)
    範囲:0から15まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)