plane を入れ替え、コピーする shuffleplanes


plane(YUV や RGB の個別チャンネル)を入れ替えたり、コピーしたりできる shuffleplanes フィルタの使い方。

オプション

plane の順番は一般的には YUVA, RGBA の順番になっている。このフィルタは RGB/A には対応していないが GBRP/GBRAP なら対応している。YUV420P の場合 Y と UV では解像度が違うので Y と UV を入れ替えるには YUV444P に変換する必要がある。

  • map0[int]
    第1 plane の入出力を指定する。省略すると入力と同じ映像を返す
    既定値:0
    範囲:0 から 4 まで
  • map1[int]
    第2 plane の入出力を指定する。省略すると入力と同じ映像を返す
    既定値:1
    範囲:0 から 4 まで
  • map2[int]
    第3 plane の入出力を指定する。省略すると入力と同じ映像を返す
    既定値:2
    範囲:0 から 4 まで
  • map3[int]
    第4 plane の入出力を指定する。省略すると入力と同じ映像を返す
    既定値:3
    範囲:0 から 4 まで

基本コマンド

U と V を入れ替える。いわゆる swapuv フィルタと同じ効果で負荷も同じ。
ffmpeg -i input -vf shuffleplanes=0:2:1:3 output
上の shuffleplanes フィルタと同じ効果
ffmpeg -i input -vf swapuv output
U を V にもコピーする
ffmpeg -i input -vf shuffleplanes=0:1:1 output
輝度具合に応じて透過させる
ffmpeg -i input -vf format=yuva420p,shuffleplanes=0:1:2:0 -vcodec ffv1 output.mkv
透過情報を含んだファイルは yuva よりも rgba の方が扱いやすい
ffmpeg -i input -vf format=yuva420p,shuffleplanes=0:1:2:0,format=rgba -vcodec utvideo output.mkv

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)