黒フレーム区間を調べる blackdetect


黒フレーム区間を調べる blackdetect フィルタの使い方。輝度の値からどれだけ黒いかの設定があるのでシーンチェンジを調べるのに使える。

基本コマンド

コンソールの表示されるのでテキストにリダイレクトした方が見やすい
ffmpeg -i input -vf blackdetect=2.0:.98:.1 -f null -
ffmpeg -i input -vf blackdetect=2.0:.98:.1 -f null - > blackdetect.txt 2>&1

出力例

black_start:38.8388 black_end:41.7751 black_duration:2.93627


似たようなフィルタに blackframe があるのでこちらを併用することもできる。
ffmpeg -i input -vf blackframe,blackdetect -f null -

黒フレームを調べる blackframe

オプション

  • black_min_duration, d[double]
    最小何秒までの黒を検出するか
    既定値:2.0
  • picture_black_ratio_th, pic_th[double]
    1フレームの何割を黒と判断するか
    既定値:0.98
  • pixel_black_th, pix_th[double]
    黒を検出する輝度の最大閾値
    小さい値ほど真っ黒しか検出しなくなる
    既定値:0.1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)