閾値の指定で2つのフィルタを使い分けやすくする threshold


ffmpeg 3.3 から追加予定のフィルタ。4つの映像を入力して、1、2入力の比較で3、4入力を使い分けて1出力する threshold フィルタの使い方。高ビット深度対応の YUV, GBRP, GRAY, アルファ に対応している。2つのフィルタを使い分けたり、白黒2色のマスクが手軽に設定できる。

具体的に説明すると1入力と2入力を比較して、1 <= 2 の部分に4入力が、2 < 1 部分に3入力が割り当てられる。planes 指定でフィルタを当てなければ1入力がそのまま出力される。planes 指定でフィルタを当てても1映像のまま出力する場合でも映像が変わらなければ負荷は変わらない。

基本コマンド

明るい部分が白く、暗い部分が黒く2色になる
ffmpeg -i 320x240.mp4 -f lavfi -i color=gray -f lavfi -i color=black -f lavfi -i color=white -lavfi threshold output.mp4
明るい部分が黒く、暗い部分が白く2色になる
ffmpeg -i 320x240.mp4 -f lavfi -i color=gray -f lavfi -i color=white -f lavfi -i color=black -lavfi threshold output.mp4

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : threshold

オプション

planes[int]
フィルタを当てるチャンネル指定
詳しくは ffmpeg について | チャンネルの順番と注意点 を参照
既定値:15(すべてのチャンネル)
範囲:0 から 15 まで

使用例

輝度65 以下に unsharp フィルタを当てる。明るいところ、暗いところにフィルタを当てる と同じことができる。 unsharp フィルタを noise=alls=100:allf=t+u に変えると、どの部分だけフィルタが当たっているかよくわかる。
ffmpeg -i input -vf split=4[0][1][2],unsharp=la=-0.5:ca=0.5[3];[1]lutyuv=66:val:val[1a];[0][1a][3][2]threshold output
ffplay -i input -vf split=4[0][1][3],unsharp=la=-0.5:ca=0.5[2];[1]lutyuv=66:val:val[1a];[0][1a][2][3]threshold

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。