ffmpeg で使える映像のテストソース


手元に映像ファイルがなくても単色や、カラーバーを使うことが出来る。

基本コマンド

ffmpeg -f lavfi -i color -vframes 1 color.png
ffplay -f lavfi -i color=c=black:s=340x240:r=25:sar=1/1:d=60

表示サンプル

allrgb を縦横8分の1にした

allyuv を縦横8分の1にした

color YUV の値は 0:128:128

haldclutsrc

nullsrc YUV の値は 0:0:0

rgbtestsrc

smptebars

smptehdbars

testsrc

testsrc2

yuvtestsrc

カラーフォーマットと解像度

ソース フォーマット 解像度
allrgb rgb24 4096×4096
allyuv yuv444p 4096×4096
color yuv420p 340×240
haldclutsrc rgb24 216×216
nullsrc yuv420p 340×240
rgbtestsrc rgba 340×240
smptebars yuv420p 340×240
smptehdbars yuv420p 340×240
testsrc rgb24 340×240
testsrc2 yuv420p 340×240
yuvtestsrc yuv444p 340×240

オプション

  • color, c[color]
    color で色を指定する。色の名前を直接指定する場合と、[0x|#]RRGGBB[AA] 形式が使える。FFmpeg Utilities Documentation : Color を参照。
    ffmpeg -colors でも調べられる
    既定値:black
  • level[int]
    haldclutsrc のレベルを指定する。指定した値の3乗が解像度になる
    範囲:2 から 8 まで
    既定値:6
  • size, s[image_size]
    出力解像度の指定。横x縦 の指定と、解像度の略語指定が出来る。FFmpeg Utilities Documentation : Video size を参照。haldclutsrc では使えない
    既定値:入力ソースで異なる
  • rate, r[video_rate]
    フレームレートの指定。小数点の指定や分数の指定も可能
    既定値:25
  • sar[rational]
    SAR の指定。横/縦
    既定値:1/1
  • duration, d[duration]
    動画時間の指定。秒指定、hh:mm:ss 形式や、小数点の指定も可能。FFmpeg Utilities Documentation : Time duration を参照
  • decimals, n[int]
    testsrc の表示時間の小数点以下の表示桁数
    既定値:0

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : allrgb, allyuv, color, haldclutsrc, nullsrc, rgbtestsrc, smptebars, smptehdbars, testsrc, testsrc2, yuvtestsrc

そのほかの映像ソースに、cellauto、mandelbrot、mptestsrc、frei0r_src、life などがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)