テレシネ処理ができる telecine


テレシネしてフレーム数を増やすことができる telecine の使い方。日本で一般的なテレシネからヨーロッパ形式のテレシネまでいろいろなタイプを指定できる。

関連記事
ffmpeg でインターレース解除

基本コマンド

インターレース具合がわかりやすいようにフレーム番号を振っている
ffplay -f lavfi -i color=white:s=200x200:r=24000/1001:d=10,drawtext=fontfile="'C\://Windows/Fonts/msgothic.ttc':text='%{n\}':fontsize=64",telecine=pattern=23

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : telecine

オプション

  • first_field
    ファーストフィールドの指定
    既定値:0[boolean]

    • 0, top, t
      トップフィールドファースト。既定値
    • 1, bottom, b
      ボトムフィールドファースト
  • pattern
    プルダウンパターンの指定
    フィールド分解して同じフレームが連続するフィールドの数
    既定値:23

      NTSC output (30i)

    • 32222
      27.5p
    • 23
      24p、日本のテレビはこのタイプ、既定値
    • 2332
      24p
    • 33
      20p
    • 334
      18p
    • 3444
      16p
    • PAL output (25i)

    • 12222
      27.5p
    • 222222222223
      24p(“Euro pulldown”)
    • 33
      16.67p
    • 33333334
      16p

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。