前後フレームの差分をブレンドする tblend


1入力から前後フレームを読み込んでそれぞれを計算する tblend(time blend)フィルタの使い方。オプションは blend フィルタと同じ。

YUV RGB を比較計算する blend

コマンド例

average オプションを使えば、前後フレームのモーションブラーになり、difference128 オプションを使えばモーションマスクに使える。

前後フレームのモーションブラー
ffmpeg -i input -vf tblend=all_mode=average output
ffplay -i input -vf tblend=all_mode=average

ffmpeg でモーションブラーを掛ける

輝度のモーションマスク
ffmpeg -i input -vf tblend=c0_mode=difference128,lutyuv=between(clip(val\,118\,138)\,119\,137)\*255:128:128 output
ffplay -i input -vf tblend=c0_mode=difference128,lutyuv=between(clip(val\,118\,138)\,119\,137)\*255:128:128

詳しくは次回更新の記事で

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : blend, tblend

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。