ffmpeg 3.4 から追加予定のフィルタ。入力した音声の周波数からフロントとリアなどの音声に分けてサラウンド(5.1ch など)に変換する surround フィルタの使い方。

基本コマンド

アンプなどにもよるがサラウンドは 48KHz じゃないとサラウンドでデコードしないこともある。コーデックも aac や pcm よりも ac3 のほうがデコードの汎用性が高い。既定値では入力音声のチャンネル数 chl_in はステレオになっている
ffmpeg -i input -af surround -ar 48000 -vcodec copy -acodec aac output.ts

sox がインストールされている場合は高品質な sox でリサンプリングする
ffmpeg -i input -af aresample=48000:resampler=soxr,surround -vcodec copy -acodec aac output.ts

サラウンドの各チャンネルを出力するには channelsplit フィルタを使う
ffmpeg -i input -filter_complex surround,channelsplit=channel_layout=5.1[FL][FR][FC][LFE][SL][SR] -map [FL] FL.wav -map [FR] FR.wav -map [FC] FC.wav -map [LFE] LFE.wav -map [SL] SL.wav -map [SR] SR.wav
公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : surround

オプション

  • chl_out[string]
    出力チャンネル数。指定値は FFmpeg Utilities Documentation : Channel Layout を参照
    規定値:5.1
  • chl_in[string]
    入力チャンネル数。指定値は FFmpeg Utilities Documentation : Channel Layout を参照
    規定値:stereo
  • level_in[float]
    入力音量レベル
    規定値:1
  • level_out[float]
    出力音量レベル
    規定値:1
  • lfe[boolean]
    LFE(Low-frequency effect) チャンネル、いわゆるサラウンドチャンネルの 0.1ch のこと、の出力を許可する
    規定値:1(許可)
  • lfe_low[int]
    LFE カットオフの下限 Hz
    規定値:128
  • lfe_high[int]
    LFE カットオフの上限 Hz
    規定値:256

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)