強力な2次元デノイザ sab


輝度と彩度の変化を元に範囲を指定してぼかす sab(Shape Adaptive Blur)フィルタの使い方。

基本コマンド

ffmpeg -i input -vf sab=1.0:1.0:1.0:-0.9:-0.9:-0.9 output
ffplay -i input -vf sab=1.0:1.0:1.0:-0.9:-0.9:-0.9

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : sab

オプション

基本的には彩度設定は輝度設定から自動設定になるので luma_strength, ls だけを調整するのが無難。

  • luma_radius, lr[float]
    輝度強度の設定。高い値でぼかし具合が強くなるがその分負荷もかなり強くなる
    既定値:1.0
    範囲:0.1 から 4.0 まで
  • luma_pre_filter_radius, lpfr[float]
    輝度のプレフィルタの半径
    既定値:1.0
    範囲:0.1 から 2.0 まで
  • luma_strength, ls[float]
    ピクセル間の輝度を考慮する最大差異の設定。高い値ほどぼかす範囲が広がり輪郭や細部がつぶれる
    既定値:1.0
    範囲:0.1 から 100 まで
  • chroma_radius, cr[float]
    彩度強度の設定。高い値でぼかし具合が強くなるがそのかなり分負荷も強くなる
    未設定の場合は luma_radius の値から自動設定される
    既定値:-0.9
    範囲:-0.9 から 4.0 まで
  • chroma_pre_filter_radius, cpfr[float]
    彩度のプレフィルタの半径。
    未設定の場合は luma_pre_filter_radius の値から自動設定される
    既定値:-0.9
    範囲:-0.9 から 2.0 まで
  • chroma_strength, cs[float]
    ピクセル間の彩度を考慮する最大差異の設定。高い値ほどぼかす範囲が広がり輪郭や細部がつぶれる
    未設定の場合は luma_strength の値から自動設定される
    既定値:-0.9
    範囲:-0.9 から 100 まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)