4:3を16:9に、16:9を4:3に余白と透過をつける


前回記事は余白だけをつけたが今回はその余白の部分だけ透過させる。映像の部分的に透過させるには geq フィルタを使う。アルファチャンネルをプレビューするには alphaextract フィルタを使う。

640×360の16:9映像を上下に白枠と透過を付けて4:3にする。出力解像度は 640×480
ffplay -f lavfi -i color=s=640x360 -vf format=yuva420p,pad=iw:iw*3/4:0:(oh-ih)/2:white,geq='p(X,Y):a=(between(X,0,W)*between(Y,H/8,7*H/8))*255'
640×480の4:3映像を左右に白枠と透過を付けて16:9にする。出力解像度は 852×480
ffplay -f lavfi -i color=s=640x480 -vf format=yuva420p,pad=ih*16/9:ih:(ow-iw)/2:0:white,geq='p(X,Y):a=(between(X,W/8,7*W/8)*between(Y,0,H))*255'

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)