特定のフィルタで出力されるメタデータを扱うことができる metadata の使い方。ametadata も同じオプションで使うことができる。こちらはコンソールに出力するに対して drawgraph は映像にテキストやグラフで出力する。drawgraph と比べて出力範囲を指定しなくても良いので使いやすい。

メタデータを映像化する drawgraph, adrawgraph

基本コマンド

signalstats フィルタから YDIF を表示している
ffplay -f lavfi -i movie=input,signalstats,metadata=print:key=lavfi.signalstats.YDIF:value=0:function=expr:expr='between(VALUE1,0,1)'
unsharp フィルタの Y差分を ssim で表示している
ffplay -i input -vf split[a][b];[b]unsharp[B];[a][B]ssim,metadata=print:key=lavfi.ssim.Y
drawtext フィルタで映像に書き込む
ffplay -i input -vf split[a][b];[b]unsharp[B];[a][B]ssim,drawtext=fontfile='C\://WINDOWS/Fonts/arial.ttf':text='"SSIM="%{metadata\:lavfi.ssim.all}'
ebur128 フィルタで M, S, I を同時に表示する
ffplay -f lavfi -i amovie=input,ebur128=metadata=1,ametadata=print:key=lavfi.r128.M,ametadata=print:key=lavfi.r128.S,ametadata=print:key=lavfi.r128.I[out0];amovie=input[out1]

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : metadata, ametadata

オプション

  • mode
    出力モードの指定
    print だけ指定するとその条件のメタデータを表示する。function の条件で間に合わない場合に print 以外のモードを組み合わせて最終的に print で VALUE1 を使いメタデータを表示する。サンプルコマンドを示した方がわかりやすいので後述。

    • select
      key, value を選択する(and 条件をつける)
      メタデータは表示しない
    • add
      key, value を追加する(or 条件をつける)
      同じメタデータがあれば何もしない、つまり別のメタデータを追加する
      メタデータは表示しない
    • modify
      key, value の既存の値を変更する
      メタデータは表示しない
    • delete
      value の値があれば削除する、なければ key の値を削除する
      メタデータは表示しない
    • print
      メタデータを表示する
  • key
    全てのモードで使われるが、print モード以外では必須指定項目
  • value
    メタデータの値の指定。modify, add モードでは必須項目
  • function
      value の比較方法

    • same_str
      文字の一致。浮動小数点はマッチしない
    • starts_with
      数値(整数部分)や文字の先頭が一致すればマッチする
      例:1 を指定すれば 1.xxx や 1x.xxx などがマッチする
    • less
      以下
    • equal
      浮動小数点を含む数値の一致
    • greater
      以上
    • expr
      条件に評価式を使う
      ffmpeg で使える計算書式 を参照
  • expr
    function で expr を指定すると使える
    0 は何も出力せず、1 は全て出力する

    • VALUE1
      print 以外のモードで選択した値を再利用する
    • VALUE2
      value で指定した値
  • file
    ログをファイルで出力する
    既定値は指定しないので指定したらファイル名を指定する

オプション解説

select の例

YLOW を 189 以上と 191 以下を組み合わせて両方を満たす条件の例。同じオプションなので print は1つで良い
ffplay -f lavfi -i movie=input,signalstats,metadata=select:key=lavfi.signalstats.YLOW,signalstats,metadata=select:key=lavfi.signalstats.YLOW:value=189:function=greater,signalstats,metadata=select:key=lavfi.signalstats.YLOW:value=191:function=less,signalstats,metadata=print:key=lavfi.signalstats.YLOW:function=expr:expr=VALUE1
YLOWYMIN を組み合わせた例。別のオプションなので print はそれぞれ必要
ffplay -f lavfi -i movie=input,signalstats,metadata=select:key=lavfi.signalstats.YLOW:value=190:function=less,metadata=print:key=lavfi.signalstats.YLOW:function=expr:expr=VALUE1,metadata=select:key=lavfi.signalstats.YMIN:value=140:function=less,metadata=print:key=lavfi.signalstats.YMIN:function=expr:expr=VALUE1

add の例

select の条件に add をつけて YLOW 190以下と YMIN 140 以下のどちらかを満たす条件の例。。別のオプションなので print はそれぞれ必要
ffplay -f lavfi -i movie=input,signalstats,metadata=select:key=lavfi.signalstats.YLOW:value=190:function=less,metadata=print:key=lavfi.signalstats.YLOW:function=expr:expr=VALUE1,metadata=add:key=lavfi.signalstats.YMIN:value=140:function=less,signalstats,metadata=print:key=lavfi.signalstats.YMIN:function=expr:expr=VALUE1

modify の例

YLOW の条件結果の全てを 140 に書き換える
ffplay -f lavfi -i movie=input,signalstats,metadata=select:key=lavfi.signalstats.YLOW:value=190:function=less,metadata=modify:key=lavfi.signalstats.YLOW:value=140,metadata=print:key=lavfi.signalstats.YLOW:function=expr:expr=VALUE1

delete の例

YMIN の条件を消して YMAX の条件に切り替えた例
ffplay -f lavfi -i movie=input,signalstats,metadata=select:key=lavfi.signalstats.YMIN:value=140:function=greater,metadata=delete:key=lavfi.signalstats.YMIN,metadata=select:key=lavfi.signalstats.YMAX:value=0:function=greater,metadata=print:key=lavfi.signalstats.YMAX:function=expr:expr=VALUE1
YMIN の条件を消して再度 YMIN を指定しても出力されない
ffplay -f lavfi -i movie=input,signalstats,metadata=select:key=lavfi.signalstats.YMIN:value=140:function=greater,metadata=delete:key=lavfi.signalstats.YMIN,metadata=select:key=lavfi.signalstats.YMIN:value=140:function=greater,metadata=print:key=lavfi.signalstats.YMIN:function=expr:expr=VALUE1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)