色相を動的に変更できる hue


YUV の輝度と彩度を調整できる hue フィルタ。値の指定にフレーム数やタイムスタンプが使えるので時間によって動的に変えられる。

基本コマンド

既定値では変化ない
ffmpeg -i input -vf hue=h=0:s=1:b=0 output
ffplay -i input -vf hue=0:1

色相を動的に変える例
ffplay -i input -vf hue=n
評価式(計算書式)の print を使えば値を調べられる
ffplay -i input -vf hue=print(n)
ffmpeg で使える計算書式

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : hue

オプション

  • h[string]
    色相の角度指定。彩度(UV)が変化する。360度で1回転する。H と併用できない
    既定値:0
  • s[string]
    彩度(UV)の範囲指定。1 でオリジナルのまま
    既定値:1
    範囲:-10 から 10 まで
  • H[string]
    色相のラジアン指定。彩度(UV)が変化する。1ラジアンは 180度 ÷ π。h と併用できない
    既定値:0
  • b[string]
    輝度(Y)の範囲指定。0 はオリジナルのままにマイナスにすると暗く、プラスにすると明るくなる
    既定値:0
    範囲:-10 から 10 まで

使える評価式

  • n
    0から始まるフレーム数
  • pts
    PTS 時間
  • r
    フレームレート。動画のフレームレートが読み込めなければ NAN になる
  • t
    0 からはじまるタイムスタンプ秒。一般的な動画時間はこちら
  • tb
    タイムベース。pts*tb = t になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。