ffmpeg 4.1 から使えるフィルタ。フィルタ間のフレーム数、時間、解像度、フォーマット、フレームレートを映像に表示する graphmonitor, agraphmonitor フィルタの使い方。文字の描写に drawtext フィルタを使わないので、fontconfig 関係のライブラリが不要。出力フォーマットは rgba になるので overlay フィルタを使うと透過して下の映像が映る。

基本コマンド

ffplay -i input -vf graphmonitor=s=hd720:o=0.9:m=full:f=queue
ffplay -i input -vf graphmonitor

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : graphmonitor, agraphmonitor

オプション

  • size, s[image_size]
    映像での出力解像度
    既定値:hd720(1280×720)
  • opacity, o[float]
    透過指定。1 が透過しない。0 が完全透過
    既定値:0.9
  • mode, m[int]
    ログの表示指定
    0, full:全部(既定値)
    1, compact:一部
  • flags, f[flags]
    表示内容の指定。+ でつなげると複数指定が可能
    • queue:フィルタ間の入力番号
    • frame_count_in:入力時のフレーム数
    • frame_count_out:出力時のフレーム数
    • pts:pts 時間
    • time:秒時間
    • timebase:タイムベース
    • format:フォーマット
    • size:解像度
    • rate:フレームレート
  • rate, r[video_rate]
    描写のフレームレート指定
    既定値:25

応用例

rgba で出力されるので元映像に乗せた方が見やすい。
ffplay -i input -vf split[v],graphmonitor=1280x720:o=.6:f=frame_count_in+time:r=24000/1001:m=1,[v]overlay

agraphmonitor フィルタを使う場合。
ffplay -f lavfi -i movie=input.mp4[v];amovie=input.mp4,asplit[out1],agraphmonitor=1280x720:o=.6:f=time:r=24000/1001,[v]overlay[out0]

文字の色は白のままなので colorkey フィルタでバックの黒だけ透過させ、lutrgb フィルタで別の色に変える。
ffplay -i input.mp4 -vf split[v],graphmonitor=1280x720:o=1:f=rate+size:r=24000/1001:m=1,colorkey=black,lutrgb=255:255:0,[v]overlay

ffmpeg でクロマキー合成 : colorkey
Windows の ffmpeg で生放送する方法 : lutrgb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)