ガウシアンブラー gblur


ffmpeg 3.2 でリリース予定のビデオフィルタ。ガウシアンカーネルを使ってしてぼかす gblur フィルタの使い方。カーネルについては convolution フィルタでも使えるが、具体的な内容は省略。

基本コマンド

既定値のオプションを当てる
ffmpeg -i input -vf gblur=sigma=0.5:steps=1:planes=15:sigmaV=-1 output
ffmpeg -i input -vf gblur=.5:1:15:-1 output
ffplay -i input -vf gblur=.5:1:15:-1

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : gblur

オプション

  • sigma[float]
    水平シグマの指定。ガウシアンブラーの標準偏差
    既定値:0.5
    範囲:0 から 1024 まで
  • steps[int]
    ガウス近似のステップの指定
    既定値:1
    範囲:1 から 6 まで
  • planes[int]
    フィルタを当てるチャンネル指定
    詳しくは ffmpeg について | チャンネルの順番と注意点 を参照
    既定値:15
    範囲:0 から 15 まで
  • sigmaV[float]
    垂直シグマの指定。縦の乱視で見えるような効果がある
    既定値:-1(sigma と同じ値)
    範囲:-1 から 1024 まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。