3次元周波数領域デノイズフィルタ fftdnoiz の使い方。ただし既定値では3次元はなく2次元設定になっている。他の3次元デノイズフィルタに hqdn3d がある。

基本コマンド

ffmpeg -i input -vf fftdnoiz=sigma=1:amount=1:block=4:overlap=0.5:prev=0:next=0:planes=7 output
ffplay -i input -vf fftdnoiz=1:1:4:0.5:0:0:7

3次元デノイズにするには prev, next を有効にする
ffplay -i input -vf fftdnoiz=1:1:4:0.5:1:1:7

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : fftdnoiz

オプション

  • sigma[float]
    デノイズ強度の指定。sigma を大きくし、overlap を小さくするとブロッキングアーティファクトが発生しやすくなる
    既定値:1
    範囲:0 から 30 まで
  • amount[float]
    デノイズ量の指定。1 の指定で検出されたすべてをデノイズする
    既定値:1
    範囲:0 から 1 まで
  • block[int]
    ブロックサイズの指定。指定した値の2のべき乗になる
    既定値:4
    範囲:3 から 6 まで
  • overlap[float]
    ブロックのオーバーラップ(重なり)の割合の指定
    既定値:0.5
    範囲:0.2 から 0.8 まで
  • prev[int]
    過去フレームを参照してデノイズをするフレーム数の指定
    既定値:1
    範囲:0 から 1 まで
  • next[int]
    未来フレームを参照してデノイズをするフレーム数の指定
    既定値:1
    範囲:0 から 1 まで
  • planes
    デノイズするチャンネル指定
    詳しくは ffmpeg について | チャンネルの順番と注意点 を参照
    既定値:7
    範囲:0 から 15 まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)