ffmpeg 3.3 リリース


2017年6月7日に 3.3.2 がリリースされた。アップデート内容は修正ばかりで新しいフィルタは入ってない。

Changelog: update release version 3.3.2 – ffmpeg.git/commitdiff

2017年5月15日に 3.3.1 がリリースされた。アップデート内容は修正ばかりで新しいフィルタは入ってない。

Changelog: update release version 3.3.1 – ffmpeg.git/commitdiff

2017年4月13日、ffmpeg 3.3 Hilbert(ヒルベルト)がリリースされた。3.3 は 3.2 からのメジャーアップデートでこれまでに取り込まれたコミットのすべてが入っている。

前回更新記事:ffmpeg 3.2 リリース

git.ffmpeg.org Git – ffmpeg.git/blob – RELEASE_NOTES
git.videolan.org Git – ffmpeg.git/blob – Changelog

追加されたフィルタで記事にしているフィルタ一覧
閾値の指定で2つのフィルタを使い分けやすくする threshold
2つの映像のヒストグラムをうまく揃えるように調整する midequalizer

フィルタ以外の注目点
PhotoShop の PSD が読み込めるようになったが、レイヤーのすべての各チャンネルにアクセスできるわけではないのでプレビュー程度に使う。ヘルプは ffmpeg -h demuxer=psd_pipe で確認できる。deinterlace_qsv, scale_qsv フィルタの追加により、インターレース解除とリサイズ、エンコードがすべて QSV で行えるようになった。Opus を使うのに外部ライブラリを使わなくても使えるようになったが品質についての詳細は不明。

  • PSD Decoder
  • VAAPI-accelerated MPEG-2 and VP8 encoding
  • native Opus encoder
  • Intel QSV video scaling and deinterlacing filters

チェンジログ一覧にない部分では deinterlacer_vaapi フィルタの追加により QSV と同様にインターレース解除とリサイズscale_vaapi、エンコードh264_vaapiがすべて vaapi で行えるようになった。そして –enable-decklinknon-free になったので配布できなくなった。また HLS 関係のコミットが多く含まれているので挙動の変化に注意。

ffmpeg で Apple HTTP Live Streaming(HLS)を扱う

QSV の使い方は qsv 対応の ffmpeg をつくる を参照。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)