ffmpeg で YUV, RGB波形を表示する waveform


histogram フィルタに含まれていた waveform オプションが個別のフィルタになった。

前回書いた記事:ffmpeg でヒストグラムを表示する

基本コマンド

ffplay -f lavfi -i mandelbrot -vf waveform=m=1:i=.04:r=1:d=1:c=1:e=0:f=0

waveform(R) のプレビューサンプル

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : waveform
公式wiki:WaveformMonitor – FFmpeg

オプション

  • mode, m[int]
    0, row:(縦長)「左が0右が255」
    1, column:(横長)「上が0下が255」。既定値
  • intensity, i[float]
    同じ輝度がどれだけ分散されているか。小さい値ほど範囲が狭い
    既定値:0.04
    範囲:0 から 1 まで
  • mirror, r[boolean]
    高い数値を column なら左右、または row なら上下入れ替えるかどうか
    既定値:1
    範囲:0(入れ替えない), 1(入れ替える)
  • display, d[int]
    0, overlay:各コンポーネントを一緒に表示
    1, stack:各コンポーネントを縦に表示。既定値
    2, parade:各コンポーネントを横に表示。
  • components, c[int]
    コンポーネント毎の表示指定
    詳しくは ffmpeg について | チャンネルの順番と注意点 を参照
    既定値:1
    範囲:1 から 15 まで
  • envelope, e[int]
    0, none:既定値
    1, instant:現在の最小と最大を表示
    2, peak:最大と最小をずっと表示する
    3, peak+instant
  • filter, f[int]
    0, lowpass:既定値
    1, flat:輝度と彩度を合わせて表示
    2, aflat:青と赤の輝度と彩度の差異を合わせて表示
    3, chroma:彩度だけを表示
    4, color:実際の色を表示
    5, acolor:color と似ているが輝度部分に彩度が表示される
  • graticule, g[int]
    放送レンジの範囲内である数値線を数値といっしょに表示する
    0, none:表示しない。既定値
    1, green:緑で表示する
  • opacity, o[float]
    graticule で表示される文字と線の透過具合の指定
    既定値:0.75
    範囲:0 から 1。1 は不透過
  • flags, fl[flags]
    graticule で表示される文字と線の表示方法
    numbers:数字。既定値
    dots:ドット
  • scale, s[int]
    0, digital:0 から 255 の間。既定値
    1, millivolts:0 から 700 の間
    2, ire:0 から 100 まで
  • bgopacity, b[float]
    背景色の透過指定
    既定値:0.75
    範囲:0 から 1。1 は不透過

追記
追加されたオプションを追記した。2016年7月29日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)