ffmpeg でヒストグラムを表示する


動画編集ツールによくあるヒストグラムを表示する histogram フィルタの使い方。以前あった color, waveform オプションは非推奨になり個別のフィルタとして独立した。

2チャンネルの値を2次元で表示する vectorscope
ffmpeg で YUV, RGB波形を表示する waveform

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : histogram

基本コマンド

ffplay -f lavfi -i mandelbrot -vf histogram=level_height=200:scale_height=12:d=1:m=0:c=7:f=0.7:b=0.5
ffplay -f lavfi -i mandelbrot -vf histogram=200:12:1:0:7:0.7:0.5

RGB の表示例


オプション

  • level_height[int]
    個別チャンネルの画面の高さ。
    既定値:200
    範囲:50 から 2048 まで
  • scale_height[int]
    個別チャンネルの画面の下の色の高さ
    既定値:12
    範囲:0 から 40 まで
  • display_mode, d[int]
    チャンネルを個別に表示するかどうか
    1, parade:個別。既定値
    0, overlay:一緒
  • levels_mode, m[int]
    表示方法
    0, linear:既定値
    1, logarithmic
  • components, c[int]
    どのカラーチャンネルを表示するか
    順番については ffmpeg について | チャンネルの順番と注意点 のグラフを参照
    既定値:7
    範囲:1 から 15 まで
  • fgopacity, f[float]
    前景の透過指定
    既定値:0.7
    範囲:0 から 1 まで
  • bgopacity, b[float]
    背景の透過指定
    既定値:0.5
    範囲:0 から 1 まで

追記
記事を大幅に書き直した。2016年7月30日
オプションを追加した。2016年8月26日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。