音声をベクタースコープで表示する avectorscope


表示する色の設定とフェードの色設定、リサジュー図形での描写が可能。出力フォーマットが rgba になるので背景部分が透過して overlay フィルタを使ってかぶせることも容易にできる。

基本コマンド

ffmpeg -i input -filter_complex avectorscope=m=0:r=25:s=400x400:rc=40:gc=160:bc=80:ac=255:rf=15:gf=10:bf=5:af=5:zoom=1:draw=0:scale=0 -acodec copy output
ffmpeg -i input -filter_complex avectorscope=0:25:400x400:40:160:80:255:15:10:5:5:1:0:0 -acodec copy output
ffplay -f lavfi -i "amovie=input,avectorscope=0:25:400x400:40:160:80:255:15:10:5:5:1:0:0"

avectorscope のプレビューサンプル

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : avectorscope

  • mode, m[int]
    表示形式
    0, lissajous。リサジュー図形を45度回転。既定値
    1, lissajous_xy。リサジュー図形
    2, polar。半円にリサンプル
  • rate, r[video_rate]
    出力フレームレート。大きい値ほど設定通りには出力しない
    既定値:25
  • size, s[image_size]
    出力解像度
    既定値:400×400
  • rc, gc, bc, ac[int]
    赤、緑、青、透過のコントラスト指定
    既定値は順番に 40, 160, 80, 255
    範囲:0 から 255 まで
  • rf, gf, bf, af[int]
    赤、緑、青、透過のフェード指定
    既定値は順番に 15, 10, 5, 5
    範囲:0 から 255 まで
  • zoom[double]
    エフェクトを拡大する
    既定値:1
    範囲:1 から 10まで
  • draw[int]
    描写モードの指定

    • 0, dot
      各サンプルを描写する。既定値
    • 1, line
      前後サンプルを線で結んで描写する
  • scale[int]
    振幅尺の指定

    • 0, lin:Linear
    • 1, sqrt:Square root
    • 2, cbrt:Cubic root
    • 3, log:Logarithmic

追記
オプションを追加 2016年8月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。