ffmpeg 3.4 から追加予定のフィルタ。蛍光灯や昔の映像で数フレーム毎に明るくなったり暗くなったりするのを前後フレームから平均してちらつきを抑える deflicker フィルタの使い方。

基本コマンド

5フレーム前から輝度の平均が始まる
ffmpeg -i input -vf deflicker=s=5:m=0:bypass=0 output
ffplay -i input -vf deflicker=5:0:0

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : deflicker

オプション

size の値を大きくすると輝度ブラーの効果になる。

  • size, s[int]
    何フレーム前を対象に平均するか
    範囲:2 から 129 まで
    既定値:5
  • mode, m[int] 平均するアルゴリズムの指定
    • am, 0
      Arithmetic mean, 算術平均
      既定値
    • gm, 1
      Geometric mean, 幾何平均
    • hm, 2
      Harmonic mean, 調和平均
    • qm, 3
      Quadratic mean, 平方平均
    • cm, 4
      Cubic mean
    • pm, 5
      Power mean
    • median, 6
      中央値
  • bypass[boolean]
    Do not actually modify frame. Useful when one only wants metadata.
    使い方がよく分からない
    既定値:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)