手軽にモーションブラー atadenoise


各チャンネルの変化具合と平均化するフレーム数の指定により手軽にモーションブラーを当てることができる atadenoise フィルタの使い方。設定値を 0 にしてもすべてのチャンネルに影響を与えるので色味の変化が大きいと軽くフィルタを当てても変化が大きい。フレーム間で平均化するので3次元デノイズとも言える。

ffmpeg でモーションブラーを掛ける

基本コマンド

ffmpeg -i input -vf atadenoise=0a=.02:0b=.04:1a=.02:1b=.04:2a=.02:2b=.04:s=33:p=7 output
ffmpeg -i input -vf atadenoise=.02:.04:.02:.04:.02:.04:33:7 output
ffplay -i input -vf atadenoise=.02:.04:.02:.04:.02:.04:33:7

オプション

  • 閾値Aは急激な変化に反応するように設計され、閾値Bは連続的な変化に反応するように設計されている。
    • 0a[float]
      第1チャンネルの閾値Aの設定
      既定値:0.02
      範囲:0 から 0.3 まで
    • 0b[float]
      第1チャンネルの閾値Bの設定
      既定値:0.04
      範囲:0 から 5 まで
    • 1a[float]
      第2チャンネルの閾値Aの設定
      既定値:0.02
      範囲:0 から 0.3 まで
    • 1b[float]
      第2チャンネルの閾値Bの設定
      既定値:0.04
      範囲:0 から 5 まで
    • 2a[float]
      第3チャンネルの閾値Aの設定
      既定値:0.02
      範囲:0 から 0.3 まで
    • 2b[float]
      第3チャンネルの閾値Bの設定
      既定値:0.04
      範囲:0 から 5 まで
  • s[int]
    平均化するフレーム数。値が大きいほど残像感が出る。奇数でなければならない。
    既定値:33
    範囲:5 から 129 まで
  • p[flags]
    フィルタを当てるチャンネル指定
    詳しくは ffmpeg について | チャンネルの順番と注意点 を参照
    既定値:7
    範囲:0 から 15 まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。