apulsator はオートパンやトレモロの中間的なフィルタである。ffmpeg では pantremolo で使える。左右のチャンネルの位相や波形をずらしたりする LFO (low frequency oscillator) を元に音量を変える。オフセットが 0 のときはトレモロと同じように左右のチャンネルを等しく変える。オフセットが 0.5 のときはオートパンのように周波数の半分の位相をずらす。オフセットが 1 のときは再び等しく変え、1 に近づくほどより早く右から左へのスピーカーに音が渡されずれが小さくなる。

基本コマンド

ffplay input -af apulsator=level_in=1:level_out=1:mode=sine:1:amount=1:offset_l=0:offset_r=0.5:width=1:timing=hz:hz=2

ahistogram を併用するとずれ具合が見える化する
ffplay -f lavfi amovie=input,apulsator=level_in=1:level_out=1:mode=sine:1:amount=.8:offset_l=.6:offset_r=1:width=1:timing=bpm:hz=2,ahistogram=dmode=separate:r=25:s=hd720:scale=log:ascale=log:acount=1:rheight=.1:slide=replace[out0];amovie=input,apulsator=level_in=1:level_out=1:mode=sine:1:amount=.8:offset_l=.6:offset_r=1:width=1:timing=bpm:hz=2[out1]

音量のヒストグラムを映像化する ahistogram

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : apulsator

オプション

  • level_in
    入力利得調整
    0.015625 から 64 まで[double]
    既定値:1
  • level_out
    出力利得調整
    0.015625 から 64 まで[double]
    既定値:1
  • mode
    LFO の波形タイプ

    • sine。既定値
    • triangle
    • square
    • sawup
    • sawdown
  • amount
    変調の値指定
    0 から 1 まで[double]
    既定値:1
  • offset_l
    左チャンネルのオフセット値
    0 から 1 まで[double]
    既定値:0
  • offset_r
    右チャンネルのオフセット値
    0 から 1 まで[double]
    既定値:0.5
  • width
    パルスの幅
    0 から 2 まで[double]
    既定値:1
  • timing
    タイミングモード
    bpm, ms, hz が選択可能でそれに対応した数値が以下より設定できる
    既定値:hz
  • bpm
    Beats Per Minute。1分当たりの拍
    30 から 300 まで[double]
    既定値:120
  • ms
    Milli Second。ミリ秒
    10 から 2000 まで[int]
    既定値:500
  • hz
    ヘルツ
    0.01 から 100 まで[double]
    既定値:2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)