指定したチャンネルの周波数帯の音量を変えられる anequalizer の使い方。チャンネル毎に設定でき、設定方法も直感的なので使いやすい。似たフィルタに compand があるが、こちらは DTM の設定になれている人向け。

Windows の ffmpeg で生放送する方法 : compand

基本コマンド

ステレオ音声を読み込み c0(FL)の周波数4000Hzの前後100Hzを -10dBにする。c1(FR)も同様
ffplay input -af "anequalizer=c0 f=4000 w=200 g=-10 f=0|c1 f=4000 w=200 g=-10 f=0"

showspectrumpic を併用すると効果の具合が視覚的に分かる。
ffmpeg -i input -filter_complex "anequalizer=c0 f=4000 w=200 g=-20|c1 f=4000 w=200 g=20",showspectrumpic=s=1024x1024:mode=separate anequalizer.png

anequalizer と showspectrumpic を併用して効果を見える化

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : anequalizer

オプション

  • params
    音量を変える周波数と音量を指定する

    • chn
      チャンネル番号を指定
      例:c0(FL), c1(FR)
    • cf
      適用する周波数
    • w
      適用する周波数帯
    • g
      音量の変化
    • f
      音量変化のアルゴリズム

      • 0
        バターワース。既定値
      • 1
        第一種チェビシェフフィルタ
      • 2
        第二種チェビシェフフィルタ
  • curves
    周波数を映像化する。以下の映像オプションの使い方が分からない
    既定値:0
  • size
  • mgain
  • fscale
  • colors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)