別ファイルの情報から元映像を透過させる alphamerge


alphamerge は2番目の入力のグレースケール(グレースケールでなければ変換される)の白黒具合に応じて1番目の入力に透過情報を加える。透過具合については黒が透過し、白に近いほど透過しなくなり、出力は YUVA または ARGB, RGBA になる。アルファチャンネルを含む映像になるのでそれに対応したコーデックで出力しないとアルファチャンネルが消えてしまうのに注意。YUVA なら ffv1。RGBA なら utvideo または ffv1 で出力する。同じ機能のフィルタに mergeplanes があるがこちらの方が負荷が少し軽く、アルファチャンネルを追加する maskedmerge と負荷は変わらない。

各映像チャンネルを結合する mergeplanes
マスクして2入力を合わせる maskedmerge

基本コマンド

YUVA 出力の場合は ffv1
ffmpeg -i yuv -i gray -filter_complex alphamerge -vcodec ffv1 output.mkv
RGBA 出力の場合は utvideo または ffv1
ffmpeg -i rgb -i gray -filter_complex alphamerge -vcodec utvideo output.mkv
mergeplanes を使う例
ffmpeg -i yuv -i gray -filter_complex mergeplanes=0x00010210:yuva420p -vcodec ffv1 output.mkv

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : alphamerge

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。