アルファチャンネルをグレースケールで出力する alphaextract


映像にアルファチャンネルがあるときに alphaextract を使えばグレースケールで取り出すことができる。同時にフォーマットもグレースケール YUV に変換される。同じ効果のフィルタに extractplanes=a があり、これもグレースケールで出力する。透過部分の値は小さく、透過しない部分の値は大きくなる。

各映像チャンネルを分離する extractplanes

基本コマンド

0000bf(青)の透過した部分を黒で、透過しない部分を白の alphaextract.png で出力する。設定するオプションはない。
ffmpeg -f lavfi -i smptebars=d=1 -vf colorkey=0x0000bf:.01:.1,alphaextract -vframes 1 alphaextract.png

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : alphaextract

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。