特徴

  • メタデータは直接コマンドに書き込むと、メタデータを書き込んだファイルを読み込む2種類の方法がある
  • メタデータファイルは UTF-8 でエンコードされた INI 形式のテキストファイルで構成される
  • ファイル読み込みの場合にはヘッダに識別番号を付けてコマンドに識別番号を指定する
  • メタデータの指定方法は key=value
  • チャプターやストリーム毎にメタデータを指定できる
  • 先頭に [CHAPTER] や [STREAM] を宣言してチャプターやストリームを指定する
  • チャプターでタイムベースを指定できる。指定していない場合はミリ秒とする
    • 例:TIMEBASE=num/den
      チャプターの開始と終了の時間を指定する。(数値は正の整数)

    • 例:START=num, END=num
  • コメントには “;” , “#” が使える
  • 特殊文字(“=”, “;”, “#”, “” と改行)はバックスラッシュ(\)でエスケープする


メタデータファイルの例

;FFMETADATA1
title=bike\shed
;this is a comment
artist=FFmpeg troll team

[CHAPTER]
TIMEBASE=1/1000
START=0
#chapter ends at 0:01:00
END=60000
title=chapter #1
[STREAM]
title=multi
line

ファイルに追加されているメタデータを出力する
ffmpeg -i input -f ffmetadata FFMETADATAFILE

メタデータを直接コマンドで指定する
ffmpeg -i input -metadata "key"="value" -c copy output

メタデータファイルをファイルに追加する
ffmpeg -i input -i FFMETADATAFILE -map_metadata 1 -codec copy output

主音声と副音声に MPC-HC などで表示される名前を追加する
以下のコマンドは1入力に映像と主音声があり、2入力に音声を入力する場合。2入力は動画でも可能
ffmpeg -i video+audio.mp4 -i sub-audio.m4a -map 0 -map 1:a -metadata:s:a:0 handler="main" -metadata:s:a:1 handler="sub" -c copy output.mp4

メタデータの対応表(コンテナによって多少異なる)

ffmpeg のメタタグ指定 mp4 mp3 mediainfo の表示例
album o o Album
album_artist o o Album/Performer
artist o o Performer
comment o o Comment
compatible_brands o compatible_brands
composer o o Composer
copyright o o Copyright
date o o Recorded date
description o o Description
disc o Part/Position
encoded_by o Encoded by
Encoding settings o o Encoding settings
episode_id o episode_id
episode_id o Part_ID
genre o o Genre
grouping o o Grouping
language o Language
lyrics o USLT
lyrics o Lyrics
major_brand o major_brand
network o network
network o TVNetworkName
publisher o Publisher
show o show
show o Movie name
synopsis o synopsis
synopsis o LongDescription
TBPM o BPM
TIT1 o Grouping
TIT3 o Track name/More
title o Movie name
title o Track name
TKEY o Initial key
track o Track name/Position
Writing library o o Writing library

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)