各チャンネルの音量を映像化する abitscope


各チャンネルの音量(周波数ではない)を色別で横に並べて映像にする abitscope フィルタの使い方。出力フォーマットは RGBA。似たフィルタに showvolumeshowfreqs がある。

基本コマンド

ffmpeg -i input -filter_complex abitscope -acodec copy output
ffmpeg -re -i input -filter_complex abitscope -f sdl -

動画にオーバーレイする例
ffmpeg -i input -filter_complex abitscope,[0:v]overlay -acodec copy output
ffmpeg -re -i input -filter_complex abitscope,[0:v]overlay -f sdl -

abitscope フィルタで動画にオーバーレイする例(5.1ch なので6色)

公式ドキュメント:FFmpeg Filters Documentation : abitscope

オプション

  • rate, r[video_rate]
    フレームレートの設定
    既定値:25
  • size, s[image_size]
    解像度の設定
    既定値:1024×256
  • colors[string]
    チャンネル毎の色の設定。rrggbb 形式も可能。チャンネルが割り当てられる順番は channel-layout-compositions の順番に準ずる
    既定値:”red|green|blue|yellow|orange|lime|pink|magenta|brown”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)