月別アーカイブ: 2017年5月

ffmpeg 3.3 リリース

2017年5月15日に 3.3.1 がリリースされた。アップデート内容は修正ばかりで新しいフィルタは入ってない。

Changelog: update release version 3.3.1 – ffmpeg.git/commitdiff

2017年4月13日、ffmpeg 3.3 Hilbert(ヒルベルト)がリリースされた。3.3 は 3.2 からのメジャーアップデートでこれまでに取り込まれたコミットのすべてが入っている。

前回更新記事:ffmpeg 3.2 リリース

git.ffmpeg.org Git – ffmpeg.git/blob – RELEASE_NOTES
git.videolan.org Git – ffmpeg.git/blob – Changelog
続きを読む ffmpeg 3.3 リリース

APNG をループ出力する

Using ffmpeg to create looping apng – Stack Overflow より、アニメGIF なら loop でループできるのに APNG ではこのオプションではループできないので plays オプションを使う。このオプションはループ回数を指定する。ただし -1 を指定して無限ループは出来ないので大きい値を指定する。

ss で開始秒、t で動画時間を指定する
ffmpeg -ss 10 -i input.mp4 -plays 10 -t 1 -vf setpts=PTS-STARTPTS output.apng

【APNG】ブロマガのサムネイルを動かす方法
ffmpeg で アニメーションWebP(Animated WebP)を作る
ffmpeg で 256色を最適化する

4:3を16:9に、16:9を4:3に余白と透過をつける

前回記事は余白だけをつけたが今回はその余白の部分だけ透過させる。映像の部分的に透過させるには geq フィルタを使う。アルファチャンネルをプレビューするには alphaextract フィルタを使う。

640×360の16:9映像を上下に白枠と透過を付けて4:3にする。出力解像度は 640×480
ffplay -f lavfi -i color=s=640x360 -vf format=yuva420p,pad=iw:iw*3/4:0:(oh-ih)/2:white,geq='p(X,Y):a=(between(X,0,W)*between(Y,H/8,7*H/8))*255'
640×480の4:3映像を左右に白枠と透過を付けて16:9にする。出力解像度は 852×480
ffplay -f lavfi -i color=s=640x480 -vf format=yuva420p,pad=ih*16/9:ih:(ow-iw)/2:0:white,geq='p(X,Y):a=(between(X,W/8,7*W/8)*between(Y,0,H))*255'

4:3を16:9に、16:9を4:3に余白をつける

ffmpeg に pad フィルタがあるのでこれを使って4:3を16:9に、16:9を4:3に余白をつける。コマンド例は黒映像に余白は白を足している。

640×360の16:9映像を上下に白枠を付けて4:3にする。出力解像度は 640×480
ffplay -f lavfi -i color=s=640x360 -vf pad=iw:iw*3/4:0:(oh-ih)/2:white
640×480の4:3映像を左右に白枠を付けて16:9にする。出力解像度は 852×480
ffplay -f lavfi -i color=s=640x480 -vf pad=ih*16/9:ih:(ow-iw)/2:0:white