月別アーカイブ: 2015年4月

アドレス入力でニコ生のコメントを表示する

アドレス入力だけでニコ生のコメントを表示する方法とその応用について。

前回記事 ニコ生の公式とチャンネルのコメントサーバの仕様について より、アドレスとポート番号の一覧を書いたがこれを応用してブラウザから直接コメントサーバにアクセスしてコメントを見る方法。

続きを読む アドレス入力でニコ生のコメントを表示する

ニコ生の公式とチャンネルのコメントサーバの仕様について

2015年3月頃にニコ生のコメントサーバの仕様が変更されたのでその仕様について。新仕様ではアドレス番号とポート番号が増えて、別座席への法則が以前より複雑になり今後もアドレス番号とポート番号が増える可能性がある。

毎回仕様変更で追記しているとページが肥大化するので google スプレッドシートにまとめた。

チャンネル生放送

以前と同じように放送枠を立てた時点で6スレッド(テスト放送のときだけ外部プレイヤーの+2スレッド)、立ち見E の3000席まで確保される。これ以上の来場者がある場合は別途2スレッド追加され「立ち見」として席が用意され、アドレスとポート番号は「立ち見」でも下の法則の順番通りに「立ち見E」から1つずれる。「立ち見」から再度「立ち見」が発生しても同様である。

別途スレッドが新しく追加されるので「立ち見」から「アリーナ」や、「立ち見」から「立ち見E」へはアドレスとポート番号に規則性があるので前後放送のスレッドから類推できる。逆に「アリーナ」から「立ち見」へのアクセスは類推できない。ただし例外として配信者は配信画面や API* にスレッドの記載があることから「立ち見」のコメントを見ることが出来る。

* 以下の API で調べられる
http://watch.live.nicovideo.jp/api/getplayerstatus?v=lv放送番号
http://sp.live.nicovideo.jp/api/getplayerstatus?v=lv放送番号
http://live.nicovideo.jp/api/getthreads?v=lv放送番号(配信者限定)

続きを読む ニコ生の公式とチャンネルのコメントサーバの仕様について

ナマケット2015のデータ

前年と同様に超会議の前に開催された今年のナマケット。今年も超会議の出演権やスポンサー賞があり、去年と同じくらいのコミュニティ参加があった。今年はマスク・被り物着用不可の顔出し必須になり見た目も一層重視された。

公式生放送
生主の祭典「ニコナマケット2015 ~輝け、笑者たち~」 – 2015/03/28 18:00開始 – ニコニコ生放送

公式ページ
生主の祭典 ニコナマケット2015

前回までの公式ページ
生主の祭典 ニコナマケット Official Website

統計データ

今回は公開されているタイムシフトの 42放送から 4,146人のコミュニティお気に入り登録と、その内 3,214人のプレミアム会員(77.5%)が登録した。これは前回 2014年の ニコナマケットgirls3 の 1,905人の 2.18倍である。詳しく見ると今年は去年になかった千人を超えるお気に入り登録が MVP となったコミュニティに有り、1桁の登録数から4桁の登録数まで差が広がる傾向にあった。

関連記事

ffmpeg の -i 指定忘れで上書きされないようになる

ffmpeg で入力ファイルの指定で -i を宣言して入力ファイルのパスを指定するが、これを忘れて指定すると今までは入力データのタイトルそのままに 0 byte の空デーに強制的に上書きされていた。これが3月29日から上書きされないように変更された。

ffmpeg_opt: Do not overwrite output if there is no input : git.videolan.org Git

ffmpeg でエッジ検出をする edgedetect

ffmpeg の edgedetect フィルタを使って、動画や画像のエッジ検出を行い、動画や画像に出力する。画像出力の場合はトレスの練習によく、動画の場合は別のツールを使ってクロマキー処理のためのマスク処理に使える。出力フォーマットは gray。convolutionsobel, prewittroberts でもエッジ検出ができる。

基本コマンド

ffmpeg -i input -vf edgedetect output

初期設定(以下の2つは同じ設定)
edgedetect=low=20/255:high=50/255:mode=wires
edgedetect=20/255:50/255:wires

続きを読む ffmpeg でエッジ検出をする edgedetect